思考するガム

ミステリ、漫画、時々映画の感想ブログです。自分の好きなものを中心に扱います。

『友達以上探偵未満』麻耶雄嵩/紹介と感想 探偵と助手の関係に新たな光を

 

友達以上探偵未満

麻耶作品にしては普通、という意見を多く見かける本作ですが、まったくそんなことはありません。それについては後述します。

 

 

 

作品紹介

三重県立伊賀野高校の放送部に所属する伊賀ももと上野あおは大のミステリ好き。ある日、部活動で訪れた伊賀の里ミステリーツアーで事件に巻き込まれる。探偵に憧れる二人はこれ幸いと、ももの直感力とあおの論理力を活かし事件を解決していくが…?(「伊賀の里殺人事件」)。見立て殺人?お堀幽霊の謎?合宿中にも殺人事件…。勝てばホームズ。負ければワトソン。この世界に名探偵は二人も、いらない。女子高生探偵・ももとあおの絶対に負けられない推理勝負、開幕!

 

 

 

JK探偵二人が謎を解く

表紙、帯を見たとき「ダンガンロンパみたいな感じか?」と思いましたがそんなことはなく(笑)、最初の二編は真っ当な犯人当て小説になっていました。読者への挑戦状が挟まれ、「よーし謎解きするぞー!」と意気込む読者に、意地の悪い仕掛けや構図を繰り出してきます。まぁ論理的に犯人当てるのは無理でしょうね、難しすぎて笑

 

本作は二人の探偵未満な少女が登場するわけですが、クールなあおが主導権を握り、最終的に彼女がすべての謎を解き明かしてしまいます。天然のももちゃんは対抗意識を燃やしますが、単なる引き立て役に落ちてしまい…という感じで、2人の関係性がコミカルに描かれ、そういう意味ではキャラミスと言えるかもしれません。

ただそこは麻耶、普通のキャラ萌え小説で終わるわけもなく…笑

 

地味ながら高度な本格ミステリ

最初の二編「伊賀の里殺人事件」「夢うつつ殺人事件」はどちらも構図の複雑さで読者を煙に巻くタイプのミステリになっているので、かなり脳味噌を酷使させられました。特に最初の話は、構図が複雑すぎて真相解明パートについていけず、何度もページを戻ることに。二つ目の短編は、前提の部分に罠が仕掛けてあり、「こんなん絶対に推理無理だろ」と思わざるを得ませんでした笑

派手さはないものの、どちらもロジック重視の作品になっていて手堅い印象です。大きな仕掛けで驚かしてくれる作品も好きですが、ロジックの巧みさで感心させれてくれる作品も同じく好きなので、こういう作品もきっちり評価されるべきだと思いました。ただ麻耶ビギナーにはちょっとオススメしづらいところもありますね。上記で書いたように、やや複雑すぎなうえ、キャラミスとしてはキャラクター同士の掛け合いが少なく感じられる点はマイナスの方に評価されてしまうかもしれません。ちょっと本格としてはストイック過ぎるんですよね笑。無駄がない方が本格としての完成度が上がるので仕方ない部分でしょうけど。

 

「夏の合宿殺人事件」での2人の関係性と麻耶という作家について(ややネタバレあり)

本格ミステリにおける名探偵と助手の関係性について、作者は多くの作品で独自の見解を示してきました。噛み砕いて言うと、捻ったホームズワトソン論ですね。そもそも麻耶は本格ミステリの持つおかしさ、不条理性の部分に誰よりも自覚的な作家で、その部分を強調して描くことにより、ジャンルへの問題意識を深めていったのは間違いないでしょう。その中でも1番わかりやすく題材にしているのはホームズワトソン論。今作も、かなり捻った名探偵と助手の関係性を描いています。

いろいろな意味で捻くれた短編ですが、事件の構図だけでなく、いままでの二つの短編で示唆され続けた2人の関係性まで見事にひっくり返して見せるオチは、最高と言うほかありません。

今作、麻耶作品では定番の破壊的なラストとは真逆のことをしている点も要注目でしょう。突き放したタッチが魅力ではあるのですが、今作で初めて僕は、麻耶の人間的な優しさと、人間的な成長を感じられ、素直に感動させられたのです。オチの手前までやっていることはいつもと同じなのです。しかし、希望と絶望が重なり合い、すべてをぶん投げるではなく、わずかに希望に傾くところに、これまでにない作家としての進化を感じました。

ハッピーエンドで終わっている作品はあるのですが、この作品がほかと違うのは、「誰からも理解されなくとも、自分の目的が達成されればそれでいい。他人は関係ない」という麻耶作品では定番の閉じた考えを先に提示しておいて、それをひっくり返し、そしてまた「誰からも理解されなくとも…」という結論(最初の考えとは違う、あらゆる未来の可能性を想像できる開かれたオチ)になっている点にあると僕は考えています。わかりやすいハッピーエンドではない、むしろビターエンドと捉えることもできる終わり方ですが、未来の可能性の多様さに目を向けた素晴らしいオチになっていたと思います。お見事。

 

まとめ

ライトな作品ではあるのですが、作家性を語る上では絶対に見過ごせない佳作だと思います。ビギナーは、作者のもっと過激な本を読んでから(笑)、こちらに手を出すのがいいんじゃないでしょうか。オススメです。

 

 

 

友達以上探偵未満

友達以上探偵未満