思考するガム

ミステリ、漫画、時々映画の感想ブログです。自分の好きなものを中心に扱います。

『星降り山荘の殺人』倉知淳/紹介と感想 スターウォッチャー星園の名推理

 

新装版 星降り山荘の殺人 (講談社文庫)

 

作者の代表作の一つ。結論から言うと、傑作でしょう。読みやすくわかりやすいので、ミステリ初心者にもおすすめです。

 

 

 

 

作品紹介

雪に閉ざされた山荘。ある夜、そこに集められたUFO研究家、スターウォッチャー、売れっ子女流作家など、一癖も二癖もある人物たち。交通が遮断され、電気も電話も通じていない陸の孤島で次々と起きる殺人事件…。果たして犯人は誰なのか!?あくまでもフェアに、読者に真っ向勝負を挑む本格長編推理。(「BOOK」データベースより)

 

オーソドックスな舞台と注釈

外部から遮断された山荘という古典的な舞台建ての作品になっています。事件が起きるまで長いですが、平坦な文章なので、すらすらと読み進めていけると思います。

この作品の特質すべき点は、作者の注釈が随所に挟まれるところでしょう。

 

まず本編の主人公が登場する

主人公は語り手でありいわばワトソン役

つまり全ての情報を読者と共有する立場であり

事件の犯人では有り得ない

 

 

上記のような形で注釈が入ります。これを前提としたうえで読者に推理を促しているわけですね。前例はありますが面白い手法だと思います。

キャラクターは良くも悪くも定型的でわかりやすく、本格ミステリとしては及第点といったところでしょうか。軽い感じがいいんですよね。

 

ロジックと仕掛け

この作品で力を入れているのはロジックの部分でしょう。終盤の推理は圧巻です。細かい伏線、心理的なトリックなど、大小さまざまな見所があり、作者の技巧の高さがうかがえます。正直この部分だけでも高評価なのですが、それに加えてこの作品にはある仕掛けがあり、その部分でさらに評価を高めている感がありますね。

ただ正直、自分はその仕掛けには気付いていたのでそこまでの衝撃はなかったです。ただ、見せ方は上手かったので興奮させられましたね。遂に来たか、という感じで。十分フェアだと思います。

一つ惜しいのは、仕掛けに気付くと芋づる式に1番重要な真相までわかってしまう点でしょう。推理小説を読み慣れた方は割と気づいてしまうと思うので、その点で評価はわかれるかもしれません。僕は仕掛けの部分以外のところでこの作品を高く評価しているので問題ありませんでした。

 

まとめ

作者の技巧とアイディアがうまくまとまった佳作・傑作になっています。作者の入門書としてもマストな一冊と言えるのではないでしょうか。オススメです。

 

 

新装版 星降り山荘の殺人 (講談社文庫)

新装版 星降り山荘の殺人 (講談社文庫)