思考するガム

ミステリ、漫画、時々映画の感想ブログです。自分の好きなものを中心に扱います。

『君の望む死に方』石持浅海/紹介と感想 被害者視点の斬新ミステリー

君の望む死に方 (祥伝社文庫)

ロジカルターミネーター碓氷優佳シリーズ第2弾。

今回は黒幕=被害者視点のミステリーです。

シリーズものになっていて1作目から読んだ方が楽しめるでしょう。まずは『扉は閉ざされたまま』から読んでください。

しかしこの作者、本当に変なこと考えるな…

 

 

 

作品紹介 

余命六カ月――ガン告知を受けたソル電機社長の日向は、社員の梶間に自分を殺させる最期を選んだ。日向には、創業仲間だった梶間の父親を殺した過去があったのだ。梶間を殺人犯にさせない形で殺人を実行させるために、幹部候補を対象にした研修を準備する日向。彼の思惑通りに進むかに見えた時、ゲストに招いた女性・碓氷優佳の恐るべき推理が、計画を狂わせ始めた…。(Amazon引用)

 

 余命宣告を受けた社長の計画

まず冒頭、研修施設で事件が起きたことが読者に示されます。

時系列は戻り本編へ。梶間という男に殺されるため、主人公の社長は計画を進めるのですが、殺してもらうためのギミックがややシュールで笑えます。ピタゴラスイッチかな?

社長の思惑通り、梶間は社長を殺そうと考えます。

操って自分を殺させようとする社長と、社長を殺そうとする梶間。

利害が一致しているため、前作のような心理戦の面白さが薄いと中盤までは感じられました。しかし、碓氷優佳というイレギュラーな存在が絡むことにより、簡単な構図は崩れ、最後まで油断ならない展開が続くのです。

 

前作『扉は閉ざされたまま』と同じ趣向になっていたことが最後まで読めばわかります。そして最後に明らかになる碓氷優佳の思惑。こいつぁ邪悪な女ですよ。

 

碓氷優佳という悪魔(ネタバレあり)

碓氷優佳は社長の思惑をあっさりと看破し、社長の仕掛けを次々と無効化していきます。

本作の白眉である碓氷優佳と社長の対決はお見事。社長の思惑をすべて見抜き、それでいて説得を諦めるのですが、最後に碓氷優佳はある物を部屋に置いて去るのです。

ここで社長は、碓氷優佳の思惑を探ることになります。犯人(操りの主犯)=被害者の構図がひっくり返り、社長が探偵役として推理をすることに。

そして最後に示される構図と結論にはドン引き。強烈な印象を残します。

簡単な構図の物語に、碓氷優佳という邪悪な探偵が入り込むことによって、物語は変な方向に転がり、そのままフルスロットル!

前作とはまた違った面白さを作り上げているのが巧妙です。

 

まとめ

持海ワールドでは歪んだ倫理観の登場人物ばかりですが、今回も例に漏れず期待を裏切りません笑。ファンなら楽しめるでしょう。

一風変わったミステリを読みたいという方にもオススメの怪作です。

でも、こんな女近くにいたら本当ヤダなぁ……。

 

 

君の望む死に方 (祥伝社文庫)

君の望む死に方 (祥伝社文庫)