思考するガム

ミステリ、漫画、時々映画の感想ブログです。自分の好きなものを中心に扱います。

『Iの悲劇』米澤穂信/紹介と感想 未来のない集落で次々と発生する謎と悲劇

 

Iの悲劇

こういうのでいいんだよ、と読み終わえた時に呟きました。こういうのでいいんだよ。

米澤穂信の社会派的な問題意識と本格ミステリ観が見事に融合した秀作でした。

読む前からわかっていたことですが、やはり上手いです。このモヤッとした感覚こそ、米澤穂信作品を読む醍醐味でしょう!

うわー苦いよー、と悶絶しました笑

ネタバレは控えます。

 

 

作品紹介

山あいの小さな集落、簑石。
六年前に滅びたこの場所に人を呼び戻すため、Iターン支援プロジェクトが実施されることになった。

業務にあたるのは簑石地区を擁する、南はかま市「甦り課」の三人。
人当たりがよく、さばけた新人、観山遊香。
出世が望み。公務員らしい公務員、万願寺邦和。
とにかく定時に退社。やる気の薄い課長、西野秀嗣。

彼らが向き合うことになったのは、一癖ある「移住者」たちと、彼らの間で次々と発生する「謎」だった――。

徐々に明らかになる、限界集落の「現実」、そして静かに待ち受ける「衝撃」!(Amazon引用)

 

集落復活を目指す公務員たち

主人公は、出世を望む公務員らしい公務員。真面目で、市民と距離を置いて接しています。とはいえ、人並み以上に仕事に熱を持っている良いやつです。

相棒兼ヒロイン(?)の新人は、公務員らしからぬ能天気さと人当たりの良さを持つ女の子。結構好みの造形でした。

二人の上司は、絶対定時に帰るマン。切れ者っぽいところも見え隠れします。

 

上記の三名が、すでに死んでいる集落に人を呼び戻す、Iターン支援プロジェクトを『甦り課』として運営していくことになります。まぁ、やることと言えば、世話係のようなものなんですけどね。

 

移住者は、どいつもこいつも曲者揃い。住民同士でトラブルをよく起こし、『甦り課』の面々はその対応に駆り出されます。

その最中、毎回『謎』が出現するのです。

 

どれも公務員が介入していいのかどうか微妙な『謎』になっているのが秀逸。しかも昨今の社会問題に繋がっています。単なるパズルにはしないぞという作者の意気込みが滲み出ていて好感が持てました。もちろん本格としても面白く、「密室」「人物消失」「特定の人物だけに毒を」など、バラエティーに富んでいます。まぁ人は死んでいないわけですが。

 

やや淡々と話が進行していく部分は好みの別れるところかもしれません。テーマや舞台、主人公たちの立場を考えると、致し方ないところでしょう。しかし、最後には胸を抉るような展開が待っています。

 

以下各短編について

 

第一章 軽い雨

騒音問題が発生。主人公たちは対処しようとしますが、単なる公務員ということもあって、できることは多くありません。

このあたり、主要キャラが事件の第三者にしかなれない、そのため真の意味で事件を解決できない、という作者らしい構図が浮き彫りになっていますね。公務員ミステリは、合った題材だと思います。

やがて火事が発生。

伏線の配置がわかりやすいため、事件の真相を解き明かすのは容易でしょう。しかし最後の最後に、わかりやすい構図を反転して見せる底意地の悪さがありました。

 

第二章 浅い池

鯉が盗まれた、と住民が騒ぎ出します。主人公は出張中だったため、現場に行くのが遅れます。そのせいで取り返しのつかない事態に。

鯉が消えた理由をあれこれ移動中に推理しますが、真相は想像を絶するものでした笑

とはいえ当事者にとっては笑い事では済まないでしょう。

 

第三章 重い本

子供が行方不明になり、その対応に追われます。前回は密室、今回は人物消失ですね。

居場所を突き止めてからの流れが、何とも言えないです。普通に後味悪いですねぇ。

 

第四章 黒い網

本格ミステリとしては一番よくできていると思います。特定の人物に毒を盛る、定番のあれです。この作品も伏線はわかりやすいので、構図は見えてしまうかもしれませんが、最終的に示される決定的な証言が印象に残ります。

被害者は迷惑な存在でした。しかし終章で主人公が言うように、可哀想な存在とも言えます。この作品もまた、何とも言えない後味を残して終わります。

 

第五章 深い沼

意味深なタイトルです。このエピソードでは、ミステリ的な謎解きはなく、『甦り課』の置かれている状況や、主人公の生き方が示されています。終章に繋がる伏線も描かれているので要注意。

 

第六章 白い仏

 仏を利用して金儲けしようとする者と仏の呪いを恐れる者。甦り課の面々は案の定、板挟みの状況に陥ります。そんな中、仏を元の場所に置きたいという、めちゃくちゃ面倒くさい依頼を受けることになります。

置き場所を探すため、元の家主の日記を漁っている最中、部屋に閉じ込められるという怪奇現象に襲われます。

事件は予想通りの方向で終結しますが、閉じ込められた謎の方は、ぞわっとした終わり方。ホラーっぽくてなかなか好みです。

 

終章 Iの悲劇

待ってました!

そう言いたくなる内容になっています。そうですよね。しんみりムードで普通に終わるわけないですよね笑

 

ここで示される真相は、主人公の価値観を揺さぶるものだったと思います。自分が同じ立場に置かれたら、ブチ切れる自信がありますね。絶対に許せませんよ。残酷で救いがないように見えます。しかし、主人公は、この残酷な真相を目の当たりにして、初めて自分という人間の本質を知ることができたとも言えます。作者の某作とは違い、しっかりと希望が残されていると感じました。

 

タイトルがエラリークイーンのドロリ―レーン四部作を模している理由については、最後まで読めばわかるでしょう。この構図はまさしく、四部作のアレと一緒なのです。

印象としては、アガサ・クリスティー色の方が強かったですけどね。

 

まとめ

地味で手堅い印象もありますが、作者らしい、真面目さとミステリ魂を感じさせる一作となっています。間違いなく一読の価値はあるでしょう。オススメです。

 

 

 

Iの悲劇

Iの悲劇