思考するガム

ミステリ、漫画、時々映画の感想ブログです。自分の好きなものを中心に扱います。

『medium 霊媒探偵城塚翡翠』相沢沙呼/紹介と感想 奇術師である作者の巧妙なミスディレクション

medium 霊媒探偵城塚翡翠

いやぁ、清々しいほど騙されました笑

予備知識を入れずに読んだ方が楽しめるでしょう。いますぐこのページを閉じて購入するのが吉です。読む前にどんなものか気になった方や、すでに読んだ方だけが今回の記事の続きを見てください。

未読の方はネタバレ項目飛ばして読んでね。

 

 

 

作品紹介

「死者の提示する謎を、先生が解き明かしてください――」推理作家として難事件を解決してきた香月史郎【こうげつしろう】は、心に傷を負った女性、城塚翡翠【じょうづかひすい】と出逢う。彼女は霊媒であり、死者の言葉を伝えることができる。しかし、そこに証拠能力はなく、香月は霊視と論理の力を組み合わせながら、事件に立ち向かわなくてはならない。一方、巷では姿なき連続殺人鬼が人々を脅かしていた。一切の証拠を残さない殺人鬼を追い詰めることができるとすれば、それは翡翠の力のみ。だが、殺人鬼の魔手は密かに彼女へと迫っていた――。(Amazon引用)

 

書店員のあからさますぎる宣伝がちょっとアレながら(笑)、自分は作者の昔からのファンなので気にせず購入。序盤、「あれ? あんまオモシロクナイゾ」と失望しながら読んでいたのですが、終盤からの思ってたのと違う展開に困惑。そして歓喜。久しぶりにしてやられました。

 

連作短編形式

いくつかの短編と、間に挟まれるパートで本作は組み立てられています。一つ一つの怪異絡みっぽい事件を、霊媒探偵と主人公の推理作家が解き明かしていきます。正直中盤まではガチガチの本格を期待して読んでいたので、「うーん」と首を捻らざるを得えない出来に思えました。本格っぽいんですが、微妙に本格になっていないというか……。ロジックと特殊ルールが貧弱に感じられたのです。

 

しかし!それこそが作者の罠だということを、当時の僕は気づいていなかった!笑

みなさんも途中で壁本認定せず、最後まで読んでみてくださいね。驚かされますから

 

翡翠という探偵

可愛い。以上!

 

で終わらせたいところですが、それだと納得されない方が多いと思うので捕捉。

彼女の存在ありきで組み立てられた小説です。

キャラクター小説です。

新機軸のキャラ萌え小説と言えるかもしれませんね(うん、これは適当言ったな)

彼女の活躍をもっと見たいんですけど、色々な意味で続編が難しそう。でも待ってますよ!(酉乃シリーズの続編も待ってんだけどなぁ……)

 

連続殺人犯(ここからネタバレあり)

この作品を一つの連続した物語として成立させているのは、城塚翡翠と主人公の親睦の深まり部分と、連続殺人犯の暗躍でしょう。

ミステリ読み的に注目すべきは、連続殺人犯の正体の方だと思います。

しかしこの作品、大半の読者が興味を持つであろうフーダニット(連続殺人犯当て)の部分が、真のネタを隠す強力なミスディレクションになっているのです。

捻くれているなぁと思うのは、犯人の正体を隠す気がないという点。たぶん九割近くの読者は、犯人を当てられたのではないでしょうか。かくいう僕もその一人。

今作の場合、犯人の正体に気づいた人ほど、真の狙いに気づけなくなる点が秀逸。

マジシャンは、観客が自分の右手に意識を向けてほしくない時、あからさまに怪しいものをステージに置いて目を逸らそうとします。ミスディレクションというやつです。

趣味でマジックをしている作者らしい、なんとも底意地の悪いミスディレクションをかましてくれました。

 

そして『マツリカ・マトリョシカ』に続いて、制服ネタまであります!

ファンはニヤニヤだったでしょう。この制服・ふとももフェチの変態め!と、力強く作者の肩を叩きたくなりました。

 

 

ここまで絶賛でしたが、最後にちょっと気になったところも。

警察、あまりにも無能すぎじゃないか?という点。

いろいろと警察関連のエピソードが雑です。しょーもない誤認で逮捕状を出そうとしたり、雑な現場捜査で物証を取りこぼしていたり。本格に出てくる警察は、名探偵の引き立て役でしかないというのは重々承知で言わせてもらいますが、もうちょっと何とかカバーできなかったのかと。そこがクリアできていたら今年ベストだった可能性が高いです(いや、まだベストの可能性も残されているけどね!)

 

あと序盤の翡翠のあざとさと一昔前の恋愛漫画みたいな展開は流石にちょっときつかった笑

作者どうした!?と心配になりましたが、杞憂に終わってよかったです。すべてが伏線、だもんね。

 

まとめ

なにはともあれ、今年絶対に読んでおいて損はない作品でしょう。どでかい一発が最後に打ちあがり、細かい部分は正直どうでもよくなります。

個人的にはマツリカシリーズの方が好みですが、より多くの読者に手に取ってもらいやすいのはこちらでしょう。作者の入門書としてもオススメです。

 

medium 霊媒探偵城塚翡翠

medium 霊媒探偵城塚翡翠

 

 よかったよ!

 

マツリカ・マジョルカ (角川文庫)

マツリカ・マジョルカ (角川文庫)

 

 こっちのシリーズも面白いよ!可愛い女の子が出てくるよ!作者はふともも好きすぎるね!