思考するガム

ミステリ、漫画、時々映画の感想ブログです。自分の好きなものを中心に扱います。

『折れた竜骨』米澤穂信/紹介と感想 剣と魔法のファンタジー×本格ミステリ

折れた竜骨 上 (創元推理文庫)

ジャンルミックスの傑作です。米澤穂信がその実力を多くの読者に示しました。代表作の一つでしょう。

 

 

作品紹介

ロンドンから出帆し、北海を三日も進んだあたりに浮かぶソロン諸島。その領主を父に持つアミーナは、放浪の旅を続ける騎士ファルク・フィッツジョンと、その従士の少年ニコラに出会う。ファルクはアミーナの父に、御身は恐るべき魔術の使い手である暗殺騎士に命を狙われている、と告げた…。いま最も注目を集める俊英が渾身の力で放ち絶賛を浴びた、魔術と剣と謎解きの巨編!第64回日本推理作家協会賞受賞作。(「BOOK」データベースより)

 

剣と魔術と謎解き

ジャンルミックスは下手な作家が手を出すと、いいとこ取りをしようとした結果、どっちつかずなものが出来上がり、ジャンルファンの神経を逆撫でしただけで終わってしまう残念な作品が多いです。しかし本作はファンタジーとしても本格ミステリとしても最上級の面白さを誇っています。言うことなしです。

ファンジーらしい冒険活劇あり、魔法あり、手に汗握るバトルありと、ページを捲る手を止められませんでした。本格ミステリとしても良く出来ています。魔法で出来ることを読者にきっちり提示したうえで、謎解きパートに移っているので、フェアさはしっかりと保証されているのです。

 

ストーリーの骨格はまさしく王道、本格ミステリとしては捻りあり。大変面白く読ませていただきました。

 

推理作家協会賞受賞も当然でしょう。

 

引き出しの多さ

おそらくこの作品を出す前までは、米澤穂信は青春ものの書き手としてしか見られていなかったのではないでしょうか。一応インシテミルもありますが、あれは本格ミステリのルールや約束を逆手に取って遊んだような作品で、しかも主人公が若いのもあり、今までの作風の延長線上にある作品としか思われていなかった気がします。

 

自分も本作を読む前は「米澤穂信がファンタジーミステリ?大丈夫か?」と不安になりました。しかし読み始めてすぐ杞憂であることがわかりました。文章でパラレルなファンタジー世界を見事に描けていたのです。どっぷりと世界観に没入し、最後の犯人当てまでノンストップで読み耽りました。

この作品以降、作者は引き出しの多さを見せつけ、読者層を増やし続けています。そういえば、東野圭吾もデビューしてから数年は青春ミステリの書き手と見なされていましたね。

 

まとめ

文句なしの傑作です。最後まで油断ならない最上級のエンターティメント。ぜひ堪能してみてください。

 

 

折れた竜骨 上 (創元推理文庫)

折れた竜骨 上 (創元推理文庫)

 

 

 

折れた竜骨 下 (創元推理文庫)

折れた竜骨 下 (創元推理文庫)