思考するガム

ミステリ、漫画、時々映画の感想ブログです。自分の好きなものを中心に扱います。

『密室殺人ゲーム王手飛車取り』歌野晶午/紹介と感想 トリック使いたいから殺してみた!

密室殺人ゲーム王手飛車取り (講談社文庫)

「殺したい人間がいるから殺したのではなく、使いたいトリックがあるから殺してみた」という物騒な考えを持ったミステリマニアたちが、実際に殺人を犯し、ほかのミステリマニアにどうやって殺したのかを推理させるのが本書の趣向です。ややネタバレの項目もあるので、未読の方はその部分だけ飛ばしてください。

 

作品紹介

“頭狂人”“044APD”“aXe(アクス)”“ザンギャ君”“伴道全教授”。奇妙なニックネームの5人が、ネット上で殺人推理ゲームの出題をしあう。ただし、ここで語られる殺人はすべて、出題者の手で実行ずみの現実に起きた殺人なのである…。リアル殺人ゲームの行き着く先は!?歌野本格の粋を心して堪能せよ。(「BOOK」データベースより)

 

 

純粋な推理ゲーム

設定は尖り気味ですが、本格ミステリとしては誠実な作りです。犯人はすでにわかっているので、おおむねハウダニットが中心となります。

カリカチュアされた登場人物たちは全員本格原理主義者で、フェアの精神を貫いています。安心して(?)読むことができるでしょう。

しかし、犯人自身が推理に必要なヒントや手掛かりをダイレクトに提示するのはなかなか異色だと思います。

 

本格ミステリの歴史(ややネタバレ注意)

俯瞰して読むと、本格ミステリの歴史をなぞらえていることがわかります。これについては作者自身がインタビューで話しているので事実でしょう。

本格ミステリというジャンルの、始まり、応用、停滞、終焉、が描かれていました。そして2作目では、意外な形での復活を遂げるのです。その復活も、まさしく本格ミステリの歴史をなぞらえているのですから本当に徹底しているなぁと思いました。表面的な部分だけ見ていると気づきにくいかもしれませんが、深読みしていくと更に楽しめるかもしれません。

 

・Q1 次は誰を殺しますか?

ミッシングリンクをテーマにした作品です。

被害者同士の見えない繋がりを見出していくタイプの作品なので、死体が増えないことには謎解きができないという残酷さが伺えました。しかし登場人物たちは飄々と謎解きを楽しんでいます。真相の一部はわかりやすいですが、いくつかの罠が秀逸です。

 

・Q2 推理ゲームの夜は更けて

僕の推しキャラである伴道全教授のキュートさを堪能できる箸休めエピソード。

 

・Q3 生首に聞いてみる?

強烈なバカトリックが印象に残る作品。これは死ぬまで忘れられそうにありません笑

 

・Q4 ホーチミン―浜名湖五千キロ

アリバイ崩しもの。トリックは拍子抜けですが、謎が解かれた後の怒涛の展開が最高でした。こういう流れ、ネットでよく見る気がします笑

 

・Q5 求道者の密室

これもバカトリック。普通はやりません笑

このシリーズならではの短編だと思います。

 

・Q6 究極の犯人当てはこのあとすぐ!

再びの箸休め回。脱力のバカトリックで息抜きをさせてくれます。

 

・Q7 密室でなく、アリバイでもなく

白眉。一見すると地味な事件ですが、底意地の悪い罠が仕掛けられています。固定概念を捨てないと迷宮からは抜け出せないでしょう。

謎が解かれた後にもう一つの衝撃が待っています。

 

・Q? 誰が彼女を殺しますか?/救えますか?

これまでの推理ゲームとは違った展開が待っています。デフォルメされた記号的登場人物たちに人間性が与えられ、物語は思いもよらない方向に転がり、最後には何とも言えないオチが待っています。

 

まとめ

面白かったです。登場人物たちの過激な発言や本格ミステリマニア的発言にニヤニヤさせられたり、本格ミステリの歴史の流れを考えさせられたりと、思いのほか様々な角度から楽しめる作品になっています。オススメです。