思考するガム

ミステリ、漫画、時々映画の感想ブログです。自分の好きなものを中心に扱います。

『リング』鈴木光司/紹介と感想 貞子はこうして生まれた

リング 「リング」シリーズ (角川ホラー文庫)

もはや説明不要の大傑作。この作品が生まれなければ、日本のホラーは始まってすらいなかったでしょう。実はミステリ色も強く、ミステリファンにも強くお勧めしたい一品です。結末には触れませんが、ややネタバレ気味ですのでご注意を。

 

 

 

作品紹介

同日の同時刻に苦悶と驚愕の表情を残して死亡した四人の少年少女。雑誌記者の浅川は姪の死に不審を抱き調査を始めた。―そしていま、浅川は一本のビデオテープを手にしている。少年たちは、これを見た一週間後に死亡している。浅川は、震える手でビデオをデッキに送り込む。期待と恐怖に顔を歪めながら。画面に光が入る。静かにビデオが始まった…。恐怖とともに、未知なる世界へと導くホラー小説の金字塔。(「BOOK」データベースより)

 

少年少女たちの死

冒頭、少年少女たちが得体の知れない存在により、不審死を遂げる場面からスタートします。ホラー作品では定番ですね。

雑誌記者の浅川和行が、事件に目を付けて謎を追及していると、宿泊設備に行きつきました。部屋に置かれた一本のビデオテープ。意味不明な画像が写し出され、最後には「この映像を見た者は、一週間後のこの時間に死ぬ運命にある」と画面に流れて暗転します。浅川は強い嫌悪感と気持ち悪さを覚え、「これは本当に死んでしまうかもしれない…」と危機感を抱くのです。

 

冒頭のこの部分だけで、ぐっと引き込まれるものがありました。

 

友人の高山竜司

浅川が助けを求めたのは高山竜司という男でした。

こいつがとんでもない男なのです!

女性を犯したことを自慢げに語ったり、呪いのビデオを観ても気分を害せず冷静に分析してみせたり、浅川の奥さんに「一緒にビデオ見ませんかw」とニヤつきながら呪いのビデオを観せようとしたり

しかしこの男、かなりのインテリで大学の講師をしています。学生時代から変人で、一目置かれていたようです。

 

はっきり言いましょう。この『リング』という作品、貞子より高山竜司の方がインパクトは上です。

 

彼がいなければ、なかなか面白い良作ホラー、という評価で落ち着いていた可能性すらあるでしょう。

 

ミステリのフォーマット

想像以上にミステリのフォーマットに沿って物語は進行していきます。高山竜司が呪いのビデオのメカニズムを推理・解体し、主人公の浅川がそのサポートをします。二人は協力して呪いから逃れようとするわけです。

ホラー作品の登場人物は行動の遅い馬鹿ばかりですが、リングでは一人も馬鹿は登場しません(序盤で死ぬ若者たちは例外)。登場人物全員が、自分の持てる知力をフルに使って、事態を打破しようとするのです。

やがて二人は、過去の死んだ霊能者貞子の存在を知るのです。

 

どんでん返し

ホラーやミステリでは定番ですが、この作品でも終盤、強烈などんでん返しが起こります。最後には本当の意味で、呪いのメカニズムが解体されるわけです。

 

解体……される……?

 

続編『らせん』を読むと更なるどんでん返しで頭がくらくらなりますよ。

 

まとめ

名作です。

映画とは結構別モノなので、映画を観られた方でも楽しめると思います。

メジャー過ぎて手が出ないというホラーファンの方。

この作品がなければ世に出てない作品は大量にあるのです。

そしてそれらの大量に出た亜流より、はるかに面白いのが『リング』です。

オススメです。

 

リング 「リング」シリーズ (角川ホラー文庫)

リング 「リング」シリーズ (角川ホラー文庫)

 

 名作

らせん 「リング」シリーズ (角川ホラー文庫)

らせん 「リング」シリーズ (角川ホラー文庫)

 

 傑作

ループ 「リング」シリーズ (角川ホラー文庫)

ループ 「リング」シリーズ (角川ホラー文庫)

 

 神作