思考するガム

ミステリ、漫画、時々映画の感想ブログです。自分の好きなものを中心に扱います。

わたモテ162話『モテないし願う』感想/もこっちとみんなの願い

www.ganganonline.com

 

更新日です。このために生きてきたようなもの。ネタバレ全開です。

 

 

七夕祭り 

恒例のイベント回でした。学園モノは構造上、同じイベントの繰り返しになるので、その中でのちょっとした変化が大変面白く感じられますね。わたモテの場合、三年で変化しすぎですが笑

 

ゆりちゃんの願い

 

f:id:sikougamu:20190801185314j:plain 

 

もこっちとゆりちゃんは、窓辺で生徒達が短冊を吊るすのを見下ろしていました。

お互い心の距離が近くなっているのでしょうか、もこっちは「ゆりちゃん」と呼ぶことに抵抗がなく、ゆりちゃんは辛辣な突っ込みをもこっちに浴びせています笑

 

七夕にあまり興味のないゆりちゃんですが、人並みに願い事はあるようです。もこっちは「金? エロいの? 誰かに暴力振るいたいとか?」と無自覚に煽ります。ゆりちゃんのイメージどうなってんだよ…

教えない、とゆりちゃんは口を閉ざしますが、ゆりちゃんの願いを想像するのは難しくないでしょう。言わせんな恥ずかしい、ってやつです。

 

あざとい後輩

短冊を眺めていると、もこっちは甘ったるい声を耳にしました。

 

f:id:sikougamu:20190801185539j:plain

 

雫ちゃんは可愛いなぁ。男にモテるのわかる、こんなふうに駆け寄ってきて堕ちない男いないでしょ。

 

短冊を見て、「クラスの女子がみんなで書いてました」と言う雫。その中に自分は含まれていなかった、と暗にもこっちに伝えています。あざとい。

もこっちは、すかさず今江先輩ムーヴを発動しました。

 

f:id:sikougamu:20190801185629j:plain

 

f:id:sikougamu:20190801185644j:plain

 

雫ちゃんは可愛いなぁ。男にモテるのわかる、こんなふうに喜ばれて堕ちない男いないでしょ。

 

どうせ願い事なんて叶わないし、と書くことが思いつかないもこっち。雫ちゃんの視線に気づいて「どうかしたの?」と問いかけます。雫ちゃんはもこっちの願いが気になっていたようです。もこっちが逆に何を書くのか訊くと、「私は叶ったんで」と不可解なことを言います。どういうことかと思ったら、

 

f:id:sikougamu:20190801185704j:plain

 

雫ちゃんは可愛いなぁ。男にモテるのわかる、こんなふうに懐かれて堕ちない男いないでしょ。

 

もこっちは「私が男だったらNTR(ネトレ)てたな」と戦々恐々。

……いや、性別は関係ないでしょ。女性のままでNTR(ネトル)ことは可能だと思いますよ、もこっちなら。

雫ちゃんは短冊に「センパイともっと仲良くなりたい」「名前で呼ばれたい」と、あざといことを書きやがります。

 

f:id:sikougamu:20190801185739j:plain

 

 

f:id:sikougamu:20190801185822j:plain

 

マリみてかな?

雫ちゃんがもこっちのことを「お姉様」と言い始めたら、いよいよ百合の園になりますね。

 

f:id:sikougamu:20190801185912j:plain

 

もこっちは真理に辿り着きました。この手のイベントはリア充共がいちゃつくためにあるのです。

 

うっちーは見ていた

雫ちゃんともこっちのいちゃつきを見ている影がありました。天然ストーカーうっちーです。

怪文を短冊に書いて吊るすという奇行に走っていました。

うっちーと雫ちゃんには確執がうまれそうですね(もううまれてるか)

 

時限爆弾・加藤さん

最新話が更新されるたびに、爆弾の起爆が近づいてきているように思えるのは気のせいでしょうか?

もこっち、ゆりちゃん、加藤さん、三人で廊下を移動していると、加藤さんが「みんなで願い事しよう」と短冊のところに足を運びます。

 

f:id:sikougamu:20190801190007j:plain

 

バレバレすぎるだろ笑

浮気がバレそうになっている男みたいになっています。

しかし、つく必要のない嘘をついてしまう心理はわかりますね。咄嗟だと余計に。

 

f:id:sikougamu:20190801190055j:plain

 

ゆりちゃん、ここで彼氏ムーヴを発動します。しかし

 

f:id:sikougamu:20190801190151j:plain

 

完全に裏目…!なんかキョンシーみたいで可愛いので良しとしましょう(?)

 

しかし、これでまた加藤さんの起爆までの時間が短くなった気がします。もこっちと加藤さんの関係の歪さについては過去何度も記事内で触れてきましたが、今のところ改善される兆しが見えません。果たしてどうなるのか…

 

加藤さんの毛が気になる佐々木風夏

友達がはしゃいでいる中、加藤さんともこっちが並んで歩いているのを見て汗を垂らす風夏ちゃん。

 

f:id:sikougamu:20190801190238j:plain

 

勉強が手につかないほど加藤さんの毛が気になっているのか…。正確には触ったかどうかが気になるんだろうけど 

風夏ちゃんは「明日香の毛について知りたい」と書いた短冊を無意識のうちに吊るし、友達に「下ネタじゃん」と指摘されました。すぐさま「違っ!!?」と否定しますが、完全に下ネタです。

翌日、もこっちが短冊を見つけて「こんなゲスな奴なのか…」と風夏ちゃんの評価を定めてしまいます。風夏ちゃん、不憫です。

 

ネモの願い

もこっちが一人で短冊を眺めてると、ネモが声を掛けてきました。

どうやらネモは20歳までに声優になりたいと短冊に書いたようです。オタバレを恐れていた一年前では絶対に書けませんね。

 

f:id:sikougamu:20190801190320j:plain

 

「俺、またなんかやっちゃいました?」並の返しです。天然でこれは恐ろしい。

 

www.sikougamu.com

 

ネモがなぜもこっちに惹かれ、変わっていったのかについては↑の記事で書かせていただきました。

 

去年、もこっちが吊るした短冊の内容について訊くネモ。もこっちは誤魔化そうとせず、「処女捨てたいとか書いた気がする」と言いました。

 

f:id:sikougamu:20190801190409j:plain

 

ここ、ネモが地味に「私、クロのことなら昔から何でも知っているんだからね」という意味に取れるんですが、どうでしょう。隙あらば入試試験の時のことを思い出させようとするので、邪推してしまいますね。

 

「そういや声優目指していると処女守らないと駄目だから大変だね」「膜なしじゃ新人アイドル声優ムリでしょ」というもこっちの畳み掛けに、ネモは「バカじゃない」と一蹴。

 

f:id:sikougamu:20190801190449j:plain

 

確かに…

これは盲点だった。

 

ネモは処女の話を終わらせ、もこっちに「ラノベ作家になりたい」と短冊に書かせます。

 

f:id:sikougamu:20190801190539j:plain

 

この女、どこまでもアニオタ脳と言いますか……。アニオタ脳と乙女心が混ざり合い最強に見える。ネモクロは神話。

 

届いてほしいもの

もこっちが一人で歩いていると、生徒達が笹を回収していました。短冊が一枚落ち、もこっちは女子生徒に声を掛けます。

久しぶりにもこっちのコミュ障っぷりが見られてナイスでしたね。

 

会話の中で、今回のイベントが元生徒会長の入江先輩によって行われたことを知り、もこっちのモノローグで締めくくられます。

 

まとめ

回を重ねるごとにキャラクターの捌き方、動かし方が巧みになっている気がします。何を描いても面白い状態に入っているのではないでしょうか。今回も最高に楽しい時間を過ごさせてもらえました。

 

今回のベストシーンは『キョンシーゆりちゃん』です。

 

 

私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い! (15) (ガンガンコミックスONLINE)

私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い! (15) (ガンガンコミックスONLINE)