思考するガム

ミステリ、漫画、時々映画の感想ブログです。自分の好きなものを中心に扱います。

『ドロシイ殺し』小林泰三/紹介と感想 「オズの国に犯罪はありません。」

ドロシイ殺し (創元クライム・クラブ)

≪メルヘン殺し≫シリーズ第3弾。今度の舞台は『オズの魔法使い』でお馴染みのオズの国。またもやビルは不思議な世界の、不思議な騒動に巻き込まれてしまいます。『アリス殺し』『クララ殺し』を未読の方は、そちらから読んだ方が楽しめるでしょう。ネタバレはありません。

 

 

作品紹介

普段は頭の切れる理系の大学院生なのに、夢の中では不思議の国の間抜けな“蜥蜴のビル”になってしまう青年・井森は、ある日の夢の中で、なぜか砂漠を彷徨っていた。干からびる寸前の彼を救ったのは、案山子とブリキの樵とライオンを連れた、ドロシイと名乗る少女だった。オズの国に住む彼女たちは、不思議の国へ帰る方法を探すビルをひとまずエメラルドの都へと連れていく。だが、オズの国の支配者・オズマ女王の誕生パーティーで盛り上がる宮殿内で殺人事件が発生し、井森が暮らす現実世界でも相似形をなす死亡事故が起きる。狂気の王国で起きる死の連鎖の恐るべき真相とは?(「BOOK」データベースより)

 

定番の噛み合わない会話と仕掛け

会話はいつも通り、噛みあいません笑

今回はその噛み合わなさが、一種のカタルシスを生んでいるところがあります。

今回描かれているオズの国は犯罪の存在しない世界。厳密にいえば犯罪は存在しているのですが、オズマ女王が、住民や外部の者たちに犯罪を犯罪だと認識させないようにしているので、犯罪が存在しないことになっています。コミカルにディストピア世界の恐ろしさが描かれていました。

そのような世界で、主人公のビルだけは「でも殺人事件が起こったよね? 犯罪だよね?」と空気を読まずに発言しまくるので、なんとも言えないブラックユーモア感とカタルシスが生まれるのです。しかもオズの国の住民たちは、早い段階でビルを間抜けな存在だと認識するので、目くじらを立てません。馬鹿は無敵、という言葉が浮かびます笑

 

仕掛けは、なかなか面白いんですが、アリス殺しと比べると破壊力は落ちます。とはいえ本作の肝の部分は、仕掛けではないでしょう。

 

カタストロフィ

最もインパクトを残すのは、謎がすべて解かれた後の展開です。どうなるのかと思って読んでいると、想像を絶するラストを迎えました。このインパクトは、個人的にアリス殺しを上回りました。このオチを見て、初めてこの作品はミステリ小説というより、ディストピアSF小説だったのだと気づかされました。恐ろしかったです。

 

まとめ

小林泰三ファンにはニヤリとする要素がてんこ盛りでした(初期作品を読んでいる読者は興奮するでしょう)。面白かったです。

メルヘン殺しシリーズしか追っていない、という読者にも無論オススメです。

 

ドロシイ殺し (創元クライム・クラブ)

ドロシイ殺し (創元クライム・クラブ)