思考するガム

ミステリ、漫画、時々映画の感想ブログです。自分の好きなものを中心に扱います。

『キャットフード』森川智喜/紹介と感想 化け猫と名探偵のロジカルデスゲーム

キャットフード (講談社文庫)

ファンタジー要素の強い本格ミステリ&デスゲームものです。ネタバレはありません。

 

 

 

作品紹介

極上のキャットフードを作りたい―化けネコ・プルートは人肉ミンチの生産に乗り出した。コテージに見せかけた人間カンヅメ工場に誘き寄せられた四人の若者。が、その中に人間に化けた黒ネコ・ウィリーが混ざっていた。化けネコどうしの殺傷はご法度。一体どいつがネコなんだ!?食われたくないなら、頭を絞れ!(「BOOK」データベースより)

 

特殊な世界観とルール

 

最後まで読むと、すべてがきちんと計算されていたことが実感できる仕組みになっている。さながらミステリに精通したゲームマスターのよう。
――麻耶雄嵩氏(解説より)

 

麻耶先生の言葉がすべてを表しています。作品全体がチェス盤のようになっていて、登場人物たちはそのゲームのルール通りの行動しかできません。そんな中で、如何にして勝つか、が話のポイントになります。

 

主人公は化け猫のウィリー。彼は人間の女の子に惚れており、友人に化け、彼女の旅行に参加します。しかし泊まったコテージで、女の子は命を狙われることになりました。コテージは秘密裏に人間缶詰を生産する工場だったのです(!)――ウィリーは女の子を救おうとしますが、仲間を殺してはいけないという掟があり、難しい立場に追い込まれていきます。

 

コミカルで軽いテイストなので油断していましたが、思いのほか、容赦なく登場人物が死んでいくので驚きました。敵の猫が犠牲者に化けるので、事件はなかなか発覚しないまま話が進行。もちろん主人公のウィリーはわかっているので、サスペンスとしての緊迫感は始終つきまといました。

 

名探偵三途川理

メルカトル鮎かな? というキャラ立ちの高校生探偵が登場してから、物語は俄然面白くなっていきます。 彼は人間のくせに猫側に協力し、主人公のウィリーを持ち前の頭脳で追い詰めていくのです。

彼の登場により、ウィリーと女の子は絶体絶命の状況に陥りますが、最後には愉快過ぎるオチがつきます。三途川理は「反則だ! 反則だ!」とわめき立てました。確かに一見すると、主人公側がとった行動は完全にルールから逸脱したものに見えますね。しかし、それがフェアであったことが最後の最後に明かにされるのです。

 

あえて微妙な点を指摘するなら、化け猫の変化の限界点がわからないところでしょうか。終盤までわからないので、「あ、そういうものにも化けられるのね」と冷めてしまう人もいるかもしれません。

 

まとめ

楽しい作品でした。デスゲームもの、メルカトル鮎好きであれば楽しめるのではないでしょうか。

オススメです。

キャットフード (講談社文庫)

キャットフード (講談社文庫)