思考するガム

ミステリ、漫画、時々映画の感想ブログです。自分の好きなものを中心に扱います。

『最悪』奥田英朗/紹介と感想 クライムサスペンス群青劇

最悪 (講談社文庫)

胃がヒリヒリするようなクライムサスペンスでした。ネタバレなしの紹介と感想になります。

 

 

 

作品紹介

不況にあえぐ鉄工所社長の川谷は、近隣との軋轢や、取引先の無理な頼みに頭を抱えていた。銀行員のみどりは、家庭の問題やセクハラに悩んでいた。和也は、トルエンを巡ってヤクザに弱みを握られた。無縁だった三人の人生が交差した時、運命は加速度をつけて転がり始める。比類なき犯罪小説、待望の文庫化。(「BOOK」データベースより)

 

群青劇

鉄工所の川谷、銀行員のみどり、青年の和也。三人の人生が交互に描かれていきます。それぞれ平凡な人生を送っていたはずなのに、いつのまにか取り返しのつかない窮地に立たされていたのです。本書の最も優れた点は、三人が泥沼に嵌っていく過程の圧倒的なリアリティでしょう。真綿で首を締められるような展開が続きます。読んでいてしんどいのですが、途中で読むのをやめられません。一度走り出した物語という名のコースターから降りられなくなるのです。

 

特に自分が好きなのは、川谷が工場の前に集まった人たちを何とか帰そうとする場面です。笑えるのに笑えない場面になっていました。絶妙ですね。

クレーマーではないお爺さんがしつこく付け回して、という話も辟易とします。不幸エピソードが豊富でした。胃もたれを起しそうになりましたよ笑

 

運命の交差

群青劇ですから当然、登場人物達の人生が交差する瞬間が描かれます。登場人物達が意外な形で運命共同体となってからは、一気に物語が収束に向かいました。

個人的に、ややコミカル過ぎるうえに若干の都合のよさを感じてしまったんですが、そこはそれ(笑)

上記で書いたように、本書の凄いところは、圧倒的な筆力で書かれた登場人物達の追い詰められっぷりですね。前半~中盤の流れで心をがっつり鷲掴みにされたので、総合的にはとても楽しめました。

オチが思いのほか前向きなのもプラスに働きました。「最悪」なことは多いけど、世の中「最悪」なことばかりでもないよ、という作者からのメッセージを受け取れた気がします。まったく違うジャンル、テイストの作品に見えて、実は伊良部シリーズとの共通項が多い作品だと思いました。

 

まとめ

面白い作品でした。伊良部シリーズや家シリーズから入った人は、ぎょっとするかもしれませんが、意外と他のシリーズに共通する要素は多いと思います。読んで損はないでしょう。もちろん、クライムサスペンス好きにはオススメです。

 

 

最悪 (講談社文庫)

最悪 (講談社文庫)