思考するガム

ミステリ、漫画、時々映画の感想ブログです。自分の好きなものを中心に扱います。

わたモテ160話『モテないし謹慎最終日』感想/大団円の神回

www.ganganonline.com

 

笑いあり、感動ありの圧倒的神回でした。

以下ネタバレありの感想です。

 

 

 

謹慎最終日

長かった謹慎回がようやく終わりを迎えました。引っ張られた分、やはりカタルシスも大きかったですね。

 

謹慎最後のもこっち

謹慎最終日の朝。もこっちは、朝練で早く出た智樹と一緒に登校します。静かな滑り出しです。もこっちと智樹のやりとりは、ホッとさせられるものがありました。

学校に着くといつものように自習。それから校長室へ。吉田さんのママが初登場します。元ヤン感があるのにバリバリのキャリアウーマンっぽくていいですねぇ。まさきちゃんに似て美人です。

校長先生から今の気持ちを聞かれたもこっち。

 

f:id:sikougamu:20190704171059j:plain

 

脳内でのイメージが面白すぎます笑

 

「どうして教室に行けないのが辛いのか?」と校長に聞かれ、もこっちは「友達に会えないから」と戸惑い気味に答えました。

 

……ちょ、ちょっと待って!(宮〇風)

 

母親の前でこれを言うのは凄いことですよ。もはや、もこっちにとって友達がいることは普通になっているのでしょう。だから恥じらったような振る舞いを見せないのだと思います。それと、この場に母親がいることにはもう一つ重要な意味があります。我々読者の感慨と、母親の感動がシンクロするようになっているのです。

 

佐々木風夏の戸惑い

ネモ、あーちゃん、加藤さんの三人で謹慎組の話をしていると、風夏ちゃんと遭遇しました。

加藤さんは風夏ちゃんに嫌な態度を取ったことを謝ります。

風夏ちゃんは「おっぱい」の件について気のない素振りを見せますが、興味津々であることは間違いありません。ムッツリっぽいですよね、この子…。

加藤さんは風夏ちゃんの疑問に「さわってないよ」とアンサー。疑問が晴れてスッキリするのかと思いきや

 

f:id:sikougamu:20190704171124j:plain

 

なぜかガッカリする風夏ちゃん。何を期待していたんですかねぇ…。

加藤さんは「毛」の件について笑顔で話します。ここの加藤さん、可愛すぎです。

チャイムに邪魔され、「毛」の話題は中途半端になりました。

 

f:id:sikougamu:20190704171141j:plain

 

また新たな袋小路に入っていく風夏ちゃん。完全にネタキャラです笑

キャラクタ―の立て方がうまいなぁと感心しきりでした。

 

雌猫組、ヤンキーグループ

うっちーは雌猫組からの理解を完璧に得られたのでしょう。もこっちの謹慎の終わりを一人で待つため、友達と離れ校内に残ります。「キモイ」という発言を謝ろうとしているみたいですね。えらい。でも、これから「キモイ」を封印するのはキツイのでは?と心配になります。

 

ヤンキーグループの二人も吉田さんの帰りを待ちます。彼女らは吉田さんだけでなく、もこっちも友達と認識している節があるのがいいですね。

 

f:id:sikougamu:20190704171215j:plain

 

ここの二人の会話が感慨深いです。

友達に新しい友達ができたことを肯定的に受け入れています。吉田さんは不登校気味だったらしいので、クラスに馴染めるようになり、学校に毎日来てくれることが嬉しいのでしょう。

 

ヤンキーグループ、雌猫組。どちらも友達が新たなグループに所属することに対して肯定的です。わたモテの風通しのよさを感じますね。狭い人間関係で完結するような、いわゆるセカイ系的な作品とは違います。(ちなみにセカイ系で好きな作品は多いですよ、念のため)

 

不穏なゆりまこ

もこっちを中心とした人間関係には、不穏さが付きまといます。

 

f:id:sikougamu:20190704171325j:plain 

 

何気ない場面ですが、なんでしょう、この微妙な不穏さは。わかりやすいゆりネモのマウント合戦には最早安心感がありますが、この場面にはモヤっとしたものが漂います。ネモと加藤さんの親密度が関係しているのでしょう。正直、あまり仲良くありませんからね笑

 

極めつけはゆりまこのココ。

 

f:id:sikougamu:20190704171356j:plain

 

「あっうん でも今日は最後だし」

理屈としては理解できなくもありません。だがしかし。

我々読者は知っているのです。まこっちは謹慎中の違う日にも吉田さんにLINEを送っていることを。もこっちには送っていませんが笑

つまりこの場面は嘘ということになります。笑顔で大嘘をついています。これはすぐにバレるタイプの嘘ですよね。もこっちと吉田さんは、まこっちがLINEを送ったことを知っているわけですから。

まこっちは咄嗟にその場しのぎの嘘をついたわけです。ひょっとしたら、本人は嘘をついた自覚すらないかもしれません。今日送った件について咎められたから、「今日は最後だし」という理屈を咄嗟に口にしただけではないでしょうか。

まこっちはゆりちゃんを裏切ってしまった過去を後悔していました。吉田さんとの親密度が上がったことで、また同じ過ちを繰り返してしまうのでしょうか?

 

ゆり、まこ、まさき。この三人の関係性の変化は要チェックですね。

 

大団円

もこっちママの心情とラストのコマが呼応する形で、最高のフィナーレを迎えます。

最後の一コマ、めちゃくちゃ胸が暖かくなりますねぇ。まさしくこの感情を「エモい」と言うのでしょう。最高でした。また一気に謹慎回を読みなおそうと思います。

 

まとめ

謹慎回のフィナーレを飾るにふさわしい神回でした。これからのエピソードに繋がる布石も置かれ、ますます「わたモテ」は面白くなっていくことでしょう。

 

後、ガンガンJOKER10周年に収録されたトモモテをまだ未読の方は、そちらも読むことをオススメします。実質本編ですので笑 

幼い加藤さんやあーちゃん、中学時代の修学旅行組が見れますよ!

 

今回のベストシーンは「皆と再会するもこっち」でした。

 

デジタル版月刊ガンガンJOKER 2019年7月号 [雑誌]

デジタル版月刊ガンガンJOKER 2019年7月号 [雑誌]

  • 作者: スクウェア・エニックス,鍵空とみやき,河本ほむら,尚村透,柊裕一
  • 出版社/メーカー: スクウェア・エニックス
  • 発売日: 2019/06/22
  • メディア: Kindle版
  • この商品を含むブログを見る
 

10周年記念でトモモテが収録されています。

 

私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い! (15) (ガンガンコミックスONLINE)

私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い! (15) (ガンガンコミックスONLINE)

 

 最新刊です。