思考するガム

ミステリ、漫画、時々映画の感想ブログです。自分の好きなものを中心に扱います。

『Jの神話』乾くるみ/紹介と感想 名門女子校で起きた怪事件の真相とは?

Jの神話 (文春文庫)

乾くるみ先生の処女作。かなーり人を選ぶ作品になっています(笑)メフィスト受賞作ですからねぇ。以下ネタバレなしの紹介と感想になります。

 

 

 

作品紹介

全寮制の名門女子高を次々と襲う怪事件。一年生が塔から墜死し、生徒会長は「胎児なき流産」で失血死をとげる。その正体を追う女探偵「黒猫」と新入生の優子に追る魔手。背後に暗躍する「ジャック」とは何者なのか?「イニシエーション・ラブ」の著者が、女性に潜む“闇”を妖しく描く衝撃のデビュー作。(「BOOK」データベースより)

 

女子校を舞台にした怪事件

物語は二つの視点で進行します。女子高生の優子と女探偵の黒猫。どのように二つの物語が交差するのか興味を惹かれます。

女子校での「不可解な流産」や「不可解な飛び降り自殺」など、どことなく京極堂っぽい雰囲気の謎が提示されます。事件が異常なので、異常な解決を期待していると、あまりにも斜め上すぎる構図が示されて唖然とさせられます。殆どの読者が途方に暮れたんじゃないでしょうか?(かくいう僕もその一人)。

 

作家性

処女作には作家のすべてが詰め込まれていると言います。乾くるみ先生といえば、傑作「イニシエーションラブ」が代表作扱いされていますね。イ二ラブは恋愛小説に擬態したミステリでしたが、今作も似たような試みがなされています。ジャンルものだし大体こんな話だろうな、と思っていると、それを後半で裏切って見せるのです。

ただ、ジャンルの擬態やジャンルの横断は難しいです。もともとそのジャンルが好きで手を出したのに、最終的に別ジャンルになり、「思ってたのと違うんだけど」と反感を買う場合がありますからね。この作品の場合、正直それが当てはまってしまっている部分が多い気がします。

というのも、出だしから凄く京極堂っぽい雰囲気ですし、ミステリーっぽいあらすじですから。事前情報なしに手を付けた読者が、壁本認定したとしても致し方ないでしょう。

いまではある程度、作家性が知られているので、当時の人達よりはぶっ飛んだ話を受け入れられるかもしれません。ある程度は、とつけたのは、斜め上すぎる構図が示されるので、乾くるみ作品をいくつか読んでいた読者だったとしても、頭を抱える可能性が十分にあるからです。

とにかく作者の奇想を広い心で楽しむのが、この作品を堪能する秘訣ですかね(笑)

あと百合要素もあるよ!

 

まとめ

王道のミステリを求めている人にはちとキツイかもしれませんが、とにかく変な話を読みたいという人にはオススメです。

 

 

Jの神話 (文春文庫)

Jの神話 (文春文庫)