思考するガム

ミステリ、漫画、時々映画の感想ブログです。自分の好きなものを中心に扱います。

『わざわざゾンビを殺す人間なんていない。』小林泰三/紹介と感想 本格密室ゾンビミステリー!

わざわざゾンビを殺す人間なんていない。

ゾンビが当たり前のように跋扈する世界を舞台にした特殊設定ミステリ。グロテスクで病的なまでにロジカル、だけどちょっぴり切なく美しい。そんな物語でした。ネタバレはありません。

 

 

 

作品紹介

全人類がウイルスに侵され、死ねば誰もが活性化遺体になる世界。家畜ゾンビが施設で管理され、野良ゾンビが徘徊する日常のなか、とある細胞活性化研究者が、密室の中で突然ゾンビ化してしまう。彼はいつ死んだのか?どうやってゾンビになったのか?生者と死者の境目はどこだったのか?騒然とする現場にあらわれたのは、謎の探偵・八つ頭瑠璃。彼女とともに、物語は衝撃の真相が待ち受けるラストへと加速していく。世界もキャラクターもトリックも真相も予測不可!極上のゾンビ×ミステリー、開幕。

 

てんこ盛り

ゾンビあり、グロあり、アクションあり、家族愛あり、恋愛要素ありと、著者の作品の中で一、二を争うほどエンターテイメント性が高かったです。ゾンビ映画はそれなりに観ていますが、ゾンビの〇〇〇〇を拝めたのは初めて(笑)。グロ耐性のない人にはちとキツイかもしれません。

本格ミステリ部分はよくできていました。流石です。

 

世界と密室

特殊設定ミステリには主に2パターンあります。最初からすべての設定を明かしたうえで物語が進行していくものと、物語の進行とともに特殊設定がわかっていくもの。今作はどちらかといえば後者に分類できるでしょうか。

女探偵が登場し、助手っぽい男と事件を追いかけていきます。ゾンビもの定番のアクション要素もあるとはいえ、比較的普通のミステリの流れで話は進行していきます。関係者みんな集めての謎解きなんか、まさに王道。しかし小林泰三が普通のミステリを書くわけがありません(笑)

過去パートで女探偵のエピソードが語られるのですが、次第に違和感が大きくなっていきます。この違和感がどう現在のパートと繋がるのかと思っていたら、「そうきたか!」と膝を打ちました。

終盤、物語は思わぬテーマ性を浮き彫りにします。

ラスト数行で泣かされました。

まさか小林泰三作品で泣かされるとは! 絶対にないと思ってたのに…。く、くやしい…。

 

まとめ

極上のエンターテイメントでした。最高です。小林泰三の作風に慣れている読者なら満腹感を覚える良作でしょう。ビギナーにも挑戦してもらいたいと思いました。

 

 

わざわざゾンビを殺す人間なんていない。

わざわざゾンビを殺す人間なんていない。