思考するガム

ミステリ、漫画、時々映画の感想ブログです。自分の好きなものを中心に扱います。

『聖女の毒杯 その可能性はすでに考えた』井上真偽/紹介と感想 毒殺は奇跡だったのか?

聖女の毒杯 その可能性はすでに考えた (講談社文庫)

 「2017本格ミステリ・ベスト10」第1位を取った作品です。前作以上にねちっこいロジックで見せてくれます。ネタバレなしの紹介と感想になります。

 

 

 

作品紹介

 聖女伝説が伝わる里で行われた婚礼の場で、同じ盃を回し飲みした出席者のうち、毒死した者と何事もなく助かった者が交互に出る「飛び石殺人」が発生。不可解な毒殺は祟り神として祀られた聖女による奇蹟なのか?探偵・上苙丞は人の手による犯行可能性を数多の推理と論理で否定し、「奇蹟の実在」証明に挑む。

 

前作とは違った構成

前作は上苙丞が最初から登場し、次々と推理を切り捨てていく流れでしたが、今作は違います。不可解な毒殺事件のあらましが語られていく中、少年探偵と中国人美女が登場。容疑者の嫌疑を晴らすため、少年探偵がロジックを構築していきます。面白いところは、すべての容疑者が「等しく怪しい」ということを証明するロジックになっているところでしょうか。あっけらかんと「犯人はわからない」という結論に至るシーンには苦笑。

さらに物語中盤、主要キャラクターの思わぬ独白があり、事態は意外な方向に転がります。捻った形の倒叙ミステリーとなっていくのです。

 

多重解決

後半、疑わしきものはすべて抹殺という魔女裁判めいた展開になります。少年探偵が頑張ってそれを阻止しようとしますが、相手の論客もなかなかの強敵。もはや打つ手なしか、というところで上苙丞が登場。格好いいですねえ。

様々な思惑と推理が交錯しながら、話は意外なところに着地していきます。ここでの推理とその否定は、前作以上にねちっこいです。バカミス的なトリックもありますが、前作と比較するとやや小粒に思えます。事件自体が小粒なので仕方ないところでしょうか。否定のロジックにやや弱いと感じる部分があったので、個人的にはちょっと惜しいなと思いました。ここらへんは好みがわかれるところかもしれません。正直自分は前作の方が好きだった…。

とはいえ、ロジックの緻密さに目を向ければ、本格ミステリファンであれば十分に楽しめるものになっていると思います。

 

まとめ

個人的な好みからは微妙にズレてしまいましたが、十分に面白かったです。本格ミステリベストテン1位も納得の出来でしょう。次作にも期待しかありません。楽しみです。

 

聖女の毒杯 その可能性はすでに考えた (講談社文庫)

聖女の毒杯 その可能性はすでに考えた (講談社文庫)