思考するガム

ミステリ、漫画、時々映画の感想ブログです。自分の好きなものを中心に扱います。

『倒叙の四季 破られた完全犯罪』深水黎一郎/紹介と感想 犯人の意外なミスとは?

倒叙の四季 破られた完全犯罪 (講談社文庫)

犯人視点の倒叙ミステリ連作集です。探偵役が共通するほか、犯人たちが〈完全犯罪完全指南〉という裏ファイルを入手しているという繋がりがあります。以下、ネタバレなしの紹介と感想になります。

 

 

 

作品紹介

春夏秋冬と不審死が発覚!四人の人物がいずれも“完全犯罪完全指南”という裏ファイルに従い、物的証拠を残さずに遺恨ある相手を殺害したのだ。警視庁捜査一課・海埜刑事の聴取にも、物証がなければ捕まらないと否認を続ける犯人たちだが、海埜は丹念に真相を探っていく。完全犯罪を目論んだ隠蔽工作の結末は…。(「BOOK」データベース引用)

 

犯人たちのミス

倒叙ミステリにはいくつかの読みどころがありますが、本作は「犯人がどの箇所でミスを犯したか」を推理していくのが最大の読みどころになっています。探偵役のキャラクターはそこまで濃いものではありません。そこが主眼ではないということですね。とはいえ探偵役の海埜の、犯人を追い詰めていく話術はなかなかのもの。スリリングです。

本格ミステリなので、もちろん「犯人の犯したミス」には読者が気づけるように書かれています。

 

最もオーソドックスな倒叙ミステリでした。犯人の数々のやらかしが比較的わかりやすく書かれていますが、致命傷となる二つのミスが秀逸。これに気づくのはなかなか難しいと思います。語り手の造形は初期コロンボの犯人を思わせるもので、最後はスカッとします。

 

専門的知識を必要とするのが難しいところですが、犯人は一つわかりやすいミスを犯しています。この短編の場合、最後に明かされるとある人物の計略が強く印象に残ります。

 

読んでいて我がことのようで心苦しくなりました(笑)。ぐーたらな犯人が遺産目当てで叔父を殺そうとするのだが…という話。計画を実行中、思いもよらないアクシデントが発生。犯人はその対応に追われます。四つの短編の中で、犯人のミスは一番わかりやすかったかもしれません。ラストにはなんとも言えない余韻が残ります。

 

前三作とはかなり趣が違います。いままでの短編ではトリック含めてすべてを見せていたのですが、この短編では、トリック部分だけ描かれません。犯人以外の視点が入ってくるというのも変則的。思わぬミステリ的要素まで入ってきます。皮肉を感じさせる最後の決め手が最高でした。

 

エピローグ

また何とも言えないエピソードです……。すべての短編の共通項である『完全犯罪完全指南』という裏ファイルの秘密が明らかになります。

文庫版とノベルス版は結末が違うので、読み比べてみることをオススメします。個人的にはノベルス版の方がすき。

 

まとめ

探偵のキャラクターに寄りかからず、あくまで「犯人のミスは何か」にこだわった本格ミステリ。やや地味に見えるものながら作者の技巧を堪能できます。オススメです。

 

 

倒叙の四季 破られた完全犯罪 (講談社文庫)

倒叙の四季 破られた完全犯罪 (講談社文庫)

 

 文庫版

 

倒叙の四季 破られたトリック (講談社ノベルス)

倒叙の四季 破られたトリック (講談社ノベルス)

 

 ノベルス版