思考するガム

ミステリ、漫画、時々映画の感想ブログです。自分の好きなものを中心に扱います。

『シンデレラの罠』セバスチャン・ジャプリゾ/紹介と感想 「わたしは探偵で犯人で被害者で証人なのだ」

 

シンデレラの罠【新訳版】 (創元推理文庫)

「わたしの名前はミシェル・イゾラ。歳はニ十歳。わたしが語るのは、殺人事件の物語です。わたしは事件の探偵です/そして証人です/また被害者です/さらには犯人です/わたしは四人全部なのです。いったいわたしは何者でしょう?」

 

上記が本書のキャッチコピーになります。絶妙に興味をそそりますね。ネタバレなしの紹介と感想になります。

 

 

 

作品紹介

わたし、ミは、火事で大火傷を負い、顔を焼かれ皮膚移植をし一命をとりとめたが、一緒にいたドは焼死。火事の真相を知るのはわたしだけだというのに記憶を失ってしまった。わたしは本当に皆の言うように大金持ちの伯母から遺産を相続するというミなのか?死んだ娘がミで、わたしはドなのではないのか?わたしは探偵で犯人で被害者で証人なのだ。ミステリ史上燦然と輝く傑作。フランス推理小説大賞受賞作。

 

記憶喪失ミステリー

語り手のミは火事に巻き込まれて顔が焼きただれ、記憶が失われます。そのうえ一緒にいたドは焼死。遺産相続はミが受け継ぐことになっていたので、実はドがミを事故に見せかけて殺害したのではないか。自分は記憶を失ったドなのではないか。主人公は自分自身に疑いの目を向けます。

さらに周囲の人間たちの思惑まで絡み、事は複雑さを増していきます。

正直、ちょっと捻ったサスペンスものかな、という思いを抱きながら読了しました。面白かったんですが、そこまで驚くような展開はなかったかな、と。

しかし!この作品はそんな甘いものではありませんでした!

作者は相当に捻くれた罠をしかけていたのです。

 

解説

訳者である平岡敦氏の解説は必読でしょう。読まなかったらこの作品の凄さに気づかないままだったと思います。恐るべし。まさか解説で引っ繰り返されるとは思いませんでしたよ。作者は周到な罠を仕掛けていたのです。あまりネタバレ的なことは言えないのでここまでにしておきますが、絶対に解説は読むようにしてください。それから、新訳で読むことをオススメします。

 

まとめ

題材が題材なのであまり多くを語れませんでした(苦笑)。多くのオマージュを生み出した作品です。相当に捻くれています。ミステリファンなら間違いなく一読の価値があるでしょう。オススメです。

 

 

シンデレラの罠【新訳版】 (創元推理文庫)

シンデレラの罠【新訳版】 (創元推理文庫)