思考するガム

ミステリ、漫画、時々映画の感想ブログです。自分の好きなものを中心に扱います。

『その可能性はすでに考えた』井上真偽/紹介と感想 探偵は奇跡を証明できるのか?

その可能性はすでに考えた (講談社文庫)

奇跡を証明すべく、ありとあらゆる可能性を否定する探偵が主人公の異色の本格ミステリ。否定のロジックを楽しめます。逆転裁判やダンガンロンパが好きな人ならハマるんじゃないでしょうか。

ネタバレなしの紹介と感想になります。

 

 

 

 作品紹介

 山村で起きたカルト宗教団体の斬首集団自殺。唯一生き残った少女には、首を斬られた少年が自分を抱えて運ぶ不可解な記憶があった。首無し聖人伝説の如き事件の真相とは? 探偵・上苙丞(うえおろじょう)はその謎が奇蹟であることを証明しようとする。論理(ロジック)の面白さと奇蹟の存在を信じる斬新な探偵にミステリ界激賞の話題作。(Amazon商品紹介引用)

 

探偵VS探偵

上苙丞は、カルト宗教団体の集団自殺事件で起きた出来事を奇跡と断じます。それに異を唱える探偵たちが、上苙丞に挑戦状をたたきつけるのです。

彼らは口々に推理を展開します。豪快な物理トリックが多くて無理としか思えないようなものばかり。はっきり言って机上の空論です。そのうえ自分の推理に名前をつけたりするので、バカミス感が濃厚に。

とはいえ、主人公側はそんな馬鹿らしいトリックさえも、ロジカルに否定せねばならないのです。なぜならそうしないと奇跡を証明できないからです。

こんなトリック想定してないだろと周囲のキャラクターは思うのですが、上苙丞は「その可能性はすでに考えた」と言い、推理の矛盾などを指摘して切り伏せます。本格ミステリ好きならニヤリとする場面でしょう。

 

とにかく出てくる探偵みんな濃いです。作者は西尾維新先生が好きだとか。影響されている部分もあるのではないでしょうか。個人的には弟子の小学生探偵が好きですね。続編でも大活躍していました。

 

本格ミステリの宿命

とはいえ、これは本格ミステリ。「奇跡でしたー」では終われないのです。宿敵の罠を退け、ようやく奇跡を証明した探偵が、自らの手で奇跡を否定しなければならない展開が訪れます。必然とはいえ、なかなか読んでいて悲しいものがありますね。

最後に明かされる真相はいままでの豪快な推理と違い、こじんまりとしたものです。とはいえ、人間の心理に寄り添ったものになっていて、何となく優しい余韻を残します。

 

まとめ

若干の歪さはあるものの、本格ミステリ好きなら楽しめると思います。多重解決ものの新たな秀作。読んでみてはいかがでしょう? 

 

その可能性はすでに考えた (講談社文庫)

その可能性はすでに考えた (講談社文庫)