思考するガム

ミステリ、漫画、時々映画の感想ブログです。自分の好きなものを中心に扱います。

『満願』米澤穂信/紹介と感想 ミステリの技巧が詰め込まれた傑作短編集

満願 (新潮文庫)

著者の名を一気に知らしめた傑作短編集です。

ネタバレはしません。 

 

 

 

作品紹介

 「もういいんです」人を殺めた女は控訴を取り下げ、静かに刑に服したが…。鮮やかな幕切れに真の動機が浮上する表題作をはじめ、恋人との復縁を望む主人公が訪れる「死人宿」、美しき中学生姉妹による官能と戦慄の「柘榴」、ビジネスマンが最悪の状況に直面する息詰まる傑作「万灯」他、全六篇を収録。史上初めての三冠を達成したミステリー短篇集の金字塔。山本周五郎賞受賞。(「BOOK」データベース引用)

 

第27回 山本周五郎賞(新潮社)受賞
第151回 直木三十五賞(文藝春秋)候補
ミステリが読みたい! 2015年版 国内編(早川書房)1位
週刊文春ミステリーベスト10 2014 国内部門(文藝春秋)1位
このミステリーがすごい! 2015年版 国内編(宝島社)1位

 

ミステリランキング3冠を史上初めて達成し、山本周五郎賞を受賞しました。

個人的ベストは『万灯』。しかしそれ以外も高水準の短編揃いでした。

この短編集の凄いところは読者によって個人的ベストがわかれるところでしょう。ミステリ系の短編集だと一つに人気が集中することが多いです。しかし『満願』の場合、すべての短編の完成度が高いので意見が分かれるのだろうと思います。

以下それぞれの短編の感想になります。

 

夜警

著者が初めて書いた警察小説です。謎らしい謎が見えないまま淡々と進行していきますが、中盤思わぬ方向からミステリ色が強くなります。警察官の殉職に秘められた謎とは一体何なのか。作者の技巧がわかりやすく示された短編でした。謎を背景に隠し、日常の中に絵解きの伏線を忍ばせるのが巧みです。

 

死人宿

別れた元カノと復縁すべく、語り手の男が田舎の宿に訪れます。その宿では自殺者が後を絶たないらしく、しかも現在進行形で自殺を企てている客がいるというので、その人物を見つけ出してほしいと元カレから頼まれてしまいます。ちょっと捻ったフーダニットもので、軽めの一篇かなと思っていると、最後には何とも言えないブラックなオチが…。この時点で、『満願』の持ち味やテイストは読者に完璧に伝わったでしょう。

 

石榴

女性を魅了する男を中心に、語り手が入れ替わっていく形式の短編になります。最後に明かされる登場人物の真の動機には、ぞくりとさせられるものがありました。連城ミステリのような淫靡で歪な登場人物の心理が見どころでしょう。

 

万灯

個人的に白眉だと思った作品です。冒頭、語り手が何かしらの「罪」を犯したことが明かされてから回想へ。前半はサラリーマンが未開の地で奮闘する池井戸作品のような話、後半からは意外な形で倒叙ミステリとなっていきます。語り手の過ちは何だったのか。破滅へ至る伏線を見落とさないように読んでみてください。

 

関守

三流の雑文屋が記事のために心霊ネタを求め、とある場所に赴きます。オチは大半の読者が読めてしまいそうですが、この作品の場合、そんなこと作者は想定済みでしょう。むしろオチが読めるからこそ怖い作品に仕上がっているのです。

 

満願

人を殺した女が出所をしたところから物語は始まります。他の作品同様、この作品も日常の中に謎や伏線がしのばされているのです。最後まで読んで、すべてに納得がいく構造になっています。

 

まとめ

 磨かれた文体、ミステリ作家としての技巧、無駄のないプロット。文句なしの傑作でしょう。人間の心の奥底を抉りだすような短編集でした。

 

満願 (新潮文庫)

満願 (新潮文庫)