思考するガム

ミステリ、漫画、時々映画の感想ブログです。自分の好きなものを中心に扱います。

『頼子のために』法月倫太郎/紹介と感想 ある家族の悲劇

新装版 頼子のために (講談社文庫)

法月綸太郎初期の代表作です。

ハードボイルド的なプロットと本格ミステリ的な謎解きが絶妙に混ざり合っています。傑作でした。ネタバレなしの紹介と感想になります。

 

 

 

作品紹介

「頼子が死んだ」。十七歳の愛娘を殺された父親は、通り魔事件で片づけようとする警察に疑念を抱き、ひそかに犯人をつきとめて相手を刺殺、自らは死を選ぶ―、という手記を残していた。手記を読んだ名探偵法月綸太郎が、事件の真相解明にのりだすと、やがて驚愕の展開が。精緻構成が冴える野心作。(BOOKデータベース引用)

 

娘を殺された父親の手記から物語は始まります。なかなか胸を痛くするような内容でした。父親が犯人に当たりをつけ、復讐するところまで描かれるのです。

手記が終わると、我らが名探偵法月倫太郎が登場します。今回まず驚かされたのは、法月倫太郎の登場理由です。かなりの変化球ですね。ハードボイルド的な権力者とぶつかり合う展開を予感させます。そして実際にそういう展開になるのです。

 

法月倫太郎の姿勢

法月倫太郎は事件の真相を求めてひたすら突き進んでいきます。権力者たちの妨害や誘導をものともしません。周囲の人間から白い目を向けられても怯まないのです。ここにハードボイルド的な快楽がありますね。

悩める探偵のイメージが強い法月倫太郎ですが、今作では悩んでいる姿よりも、自分の信念を貫き通して真相を暴こうとする姿の方が印象的でした。応援したくなります。今作を読んで法月倫太郎という名探偵が大好きになりましたよ。

 

手記の謎

手記には不自然な点があると法月倫太郎は指摘します。これについては後の方まで伏せられますが、推理する情報は読者に届いているのでフェアと言えるでしょう。

謎が解かれてみると、「なるほどなぁ」と思います。しかし真相がわかるとより救いのない構図が見えてくる点が何とも言えない気持ちにさせてくれます。

 

家族の悲劇

倫太郎は事件を通して、家族の歴史に踏み入ります。そこで想像を絶するような悲劇的な構図が浮かびあがってくるのです。

歴史にifはありませんが、何か一つでも違えば、この結末は避けられたのではないかと思います。

終盤、倫太郎はこの事件を作り出した人間の前に2度立ちます。倫太郎は、努めて冷静に振る舞おうとしますが、ある人物のために辛辣な言葉をあびせるのです。その結果、また一つの悲劇が生み出されようと構わないという覚悟のうえだったでしょう。

 

まとめ

胸を打つ傑作に仕上がっていました。新装版の二つの解説も必読でしょう。ミステリというジャンルが、時の流れの中でどう変化していったのか。それがわかりやすい形で表れていると思います。

読後、『頼子のために』というタイトルを見て「そういうことだったのか」と思いました。

誰が真の意味で『頼子のために』行動したのか。その部分を考えて読んでほしいなと思った作品でした。

 

 

新装版 頼子のために (講談社文庫)

新装版 頼子のために (講談社文庫)