思考するガム

ミステリ、漫画、時々映画の感想ブログです。自分の好きなものを中心に扱います。

わたモテ158話『モテないし謹慎する』感想/よしもこ回!!(よしまこもあるよ!!)

www.ganganonline.com

 

更新日です!やったーーー!!

ネタバレ感想になります!!

 

 

 

157話の裏側

前回はもこっちのいない学校を描いていました。今回はもこっち視点からのエピソードですね。読者の見たかったものを的確に描いてくれた回だったと思います。

もこっちママの母親らしい対応など見どころが多かったです。

 

吉田さんとの関係

もこっちはヤンキーを見下しているので吉田さんと自然体で接することができるのでしょう。ただ近頃は、単に見下しているだけでなく、吉田さんに心を開いているように見えます。

 

f:id:sikougamu:20190606143222j:plain

 

このシーンとか!!尊みが深すぎる!!

放課後二人で肩を並べて帰ります。これもう親友でしょ。

吉田さんともこっちは互いに気を遣わない関係性を維持していますね。これと対照的なのが加藤さんとの関係です。かなり不安定です。互いに無理をしているように見えます。いずれ加藤さんとも、新たな局面を迎えるのではないでしょうか。楽しみです。

 

LINE

f:id:sikougamu:20190606143243j:plain

 

即レスしてあげて……。

もこっちは自分が他者に大きな影響をあたえているという自覚がまだ足りていないのでしょう。まぁ仕方ないです。ちょっと前まで陰キャぼっちだったわけですから。

しかし、この二人の対照的なLINEの内容もまた興味深い。ゆりちゃんは予想通りとして、加藤さん怖いっす……。(加藤さん、今後お受験ママっぽくなるのではないかと僕は予想しています)

二日目も登校してすぐスマホを没収されレス返ができない状況に。

焦らしますねぇ!

登場人物たちの精神状態が心配です。

 

教師を通して見るもこっちの変化

今回「おっ」と思ったのは、もこっちと関わりのある教師がみんなもこっちに優しい態度を取っている点です。担任の荻野はいつになく余計なことを言いませんし(なんなら同情的)、初期の担任の先生はもこっちの変わりようを見て「随分人気者だな」「黒木がバイクで謹慎するとは思わなかったな」と言っています。他の冷たい態度を取る教師と対照的で印象に残りますね。

 

f:id:sikougamu:20190606143307j:plain

 

もこっちの心情の変化も描いています。ミステリ作家の青崎有吾先生が『主人公が「変われた自分」を自覚する直前に鏡に映る背中をさりげなく入れているの本当にすごいと思う』とツイートしていました。目から鱗が落ちる指摘ですね。こういう細かい描写の上手さがわたモテの魅力になっているのでしょう。

 

さりげなく進行するよしまこ

まずはこの画像をご覧いただきたい。

 

f:id:sikougamu:20190606143506j:plain

 

そして今回の画像。

 

f:id:sikougamu:20190606143522j:plain

 

よしまこじゃん。これ、よしまこじゃん。

目を皿のようにして読まないと落としそうな情報ですね。ゆりちゃんに注意しておいて、ちゃっかり自分も吉田さんに連絡を入れています。我慢できなかったのでしょう。まこっちの心理を考えると悶え狂いそうになります。かわいすぎか。

 

f:id:sikougamu:20190606143553j:plain

 

前回の「ぴく」を合わせて考えると、これは言い逃れできませんよ。よしまこはあるんだよ。

 

もこっちに連絡入れてない件は作者が意図的に放り込んだツッコミポイントでしょうね。どう処理するのか、はたまたスルーするのか。まこのキャラクターを掘り下げるための布石の可能性は大いにあるでしょう。

 

(一応カミングアウトしておくと僕はまこ派・まこ推しです)

 

まとめ

骨休め回に見せかけて見どころの多い回でした。前回のアンサーが見れて嬉しいのはもちろんのこと、今後の展開を想像させる要素が多く、読んでいて楽しかったです。

次回もまた謹慎中の話で引っ張るのか、謹慎明けの話にするのか。なかなか展開が読みづらいですねぇ。ニコ先生は意外な展開を放り込んでくることが結構ありますから。個人的な予想としては、まだ謹慎中の話で引っ張るのではないでしょうか。いわゆる焦らし的な回を入れてきそうです(こうやって次の展開を想像することが楽しいんですよね)。

 

今回の個人的ベストシーンは『机に突っ伏して見つめ合うよしもこ』でした。