思考するガム

ミステリ、漫画、時々映画の感想ブログです。自分の好きなものを中心に扱います。

『リピート』乾くるみ/紹介と感想 「リプレイ」×「そして誰もいなくなった」

リピート (文春文庫)

「イニシエーションラブ」でお馴染みの乾くるみ先生による本格ミステリです。 

変化球ばかり投げる作者らしい佳作でした。ある点に置いて読者を選ぶかもしれません。重大なネタバレはしませんが、予備知識なく読んだ方が楽しめると思うので、知識を入れたくない方はいますぐブラウザバックを。

 

 

 

 作品紹介

もし、現在の記憶を持ったまま十ヵ月前の自分に戻れるとしたら? ある日突然の電話で持ちかけられた、夢のような「リピート」の誘いに乗って、疑いつつも人生のやり直しに臨んだ十人の男女。ところが彼らは一人、また一人と不審な死を遂げて……。なぜ、犯人は「リピート」した者を狙うのか? 犯人は十人の中にいるのか? あの『イニシエーション・ラブ』の鬼才が、『リプレイ』+『そして誰もいなくなった』に挑んだ仰天の傑作。驚愕のラストは絶対に見逃せない!

 

10ヶ月前に意識を戻せるなら

誰しも一度は考えたことがあるのではないでしょうか。意識を過去に戻せればなぁ、と。僕はしょっちゅう考えてますよ。

冒頭、怪しげな男が地震の予言を的中させます。そのうえ、時間旅行のチャンスを十人の男女にあたえると言うのです。

夢のようなチャンスを掴んだ主人公を含む登場人物たちは、戻れたら何をしようかと考えます。

まずこの導入からしてウキウキしますね。自分だったらどうしよう、と考えさせられました。

問題は時間旅行してからの展開です。

 

不穏な展開、意外すぎる真相

時間旅行をした登場人物たちが次々と死んでいく流れになります。自分たちが時間旅行をしているとわかっているのは、十人と時間旅行を手配した男しかいません。犯人はこの中にいる、というやつですね。

主人公は一連の事件の謎を追い求めますが、なかなか犯人の正体に至れません。動機も不明のままです。

終盤、驚天動地の真実が主人公と読者の前に提示されます。

これには鳥肌でした。邪悪の一言です。

 

チェスの駒

本格ミステリでは、登場人物が盤上の駒であるとよく言われます。人間として描かれていない、と。人間として描きすぎると登場人物が死ぬ度にいちいち暗く重いトーンとなり、純粋にパズルを楽しめなくなるので仕方ないことだと思います。(ジャンルもののお約束や様式美にいちいちケチをつけるのはどうなのでしょうね。愛のある指摘ならいいんですけど)

乾くるみの作品はその割り切りがハッキリしています。本格でない作品でも、登場人物が作者の都合で動くチェスの駒めいて見えるのです。この部分で、合う合わないがハッキリわかれるでしょう。

今作の場合それに加え、中盤、主人公が倫理的にアウトなことをします。そのことにより作品に入り込めなくなった人もいるかもしれません。(正直僕はちょっとそういう心境になりました)

 

とはいえ文章は読みやすく、本格ミステリとしての出来はいいので、ファンなら必読ですし、興味を持たれた方は読むことをオススメします。

 

まとめ

西澤穗保の『七回死んだ男』とよく比較される本作。本格ミステリとしての企みは、どちらも高度です。この機会にぜひ読み比べてみてはいかがでしょうか。

 

 

リピート (文春文庫)

リピート (文春文庫)

 

 さわやかな表紙とは対照的な内容になります。その点、注意が必要です。

 

 

新装版 七回死んだ男 (講談社文庫)

新装版 七回死んだ男 (講談社文庫)

 

 傑作です。