思考するガム

ミステリ、漫画、時々映画の感想ブログです。自分の好きなものを中心に扱います。

『扉は閉ざされたまま』石持浅海/紹介と感想 絶対に嘘を見破る女との頭脳戦

扉は閉ざされたまま (祥伝社文庫)

『刑事コロンボ』『古畑任三郎』『福家警部補』のように、犯人側の視点から描かれたミステリを倒叙ミステリと言います。

「サスペンスの面白さ」「探偵との心理戦」「犯人のやらかしたミスは何だったのかを推理する」

このフォーマットにはたくさんの見どころがあります。

『扉は閉ざされたまま』は、倒叙ミステリの中でもかなりの変化球です。

どこがどう変化球なのかを説明すること自体ネタバレになるのが何とも歯がゆいところ。

タイトルは明らかに『そして扉が閉ざされた』を意識していますね。

本日はネタバレなしの紹介と感想になります。

 

 

作品紹介

久しぶりに開かれる大学の同窓会。成城の高級ペンションに七人の旧友が集まったその日、伏見亮輔は客室で後輩の新山を殺害、外部からは入室できないよう現場を閉ざした。何かの事故か? 部屋の外で安否を気遣う友人たち。自殺説さえ浮上し、犯行は計画通り成功したかにみえた。しかし、参加者のひとり碓氷優佳だけは疑問を抱く。開かない扉を前に、ふたりの息詰まる頭脳戦が始まった……。(Amazon商品紹介引用)

 

状況設定

特殊なクローズドサークルものを幾つも作ってきた石持先生ならではの作品です。死人が出ているのに、死んでいるかどうか確認できない状況を上手く作り出しています。

犯人である主人公の誘導もあり、なかなか死体は発見されません。しかし、ロジカルターミネーター(ファン命名)碓氷優佳だけは疑問を抱くのです。

 

碓氷優佳という女

こいつにだけは絶対に目をつけられたくないという探偵の一人。

石持作品では、基本的に探偵役が人格者のスーパーマンとして扱われます。ただどの探偵も、倫理観がズレているとしか思えない言動をするので、「こいつが英雄扱いされるのはどうなんだ?」と疑問に思うことが多々あります。

今作の場合も探偵役は周囲の人間から『人格者で知的な人』として扱われます。しかし読者からすれば『なんかキモイ理屈っぽい人』となるのです(少なくとも僕はそう感じます)。今作が他と違うのは、『碓氷優佳』がヤベー奴だというのを、主人公が理解している点でしょう。

ただ、やはり最後は、いつもの石持作品らしいなんとも言えない着地をします。作家性だから仕方ないね。

 

サプライズ

『扉は閉ざされたまま』では二つのサプライズがあります。

意外な真相が明かされて初めて、さりげなく謎や伏線があったことに気づかされました。かなり驚かされます。オチの付け方も洒落ていますね。

ただ一点。文庫版のラストは明らかに蛇足ではないでしょうか。

 

まとめ

かなり面白いミステリに仕上がっています。気になった方はシリーズ化されているので、これを機会に碓氷優佳の邪悪な活躍を、僕と一緒に草葉の陰から応援しませんか? 絶対に関わり合いになりたくない手合いですが、見ているぶんには楽しいです。

 

 

扉は閉ざされたまま (祥伝社文庫)

扉は閉ざされたまま (祥伝社文庫)