思考するガム

ミステリ、漫画、時々映画の感想ブログです。自分の好きなものを中心に扱います。

『魔眼の匣の殺人』今村昌弘/紹介と感想 死の予言に打ち勝つすべはあるか?

魔眼の匣の殺人 〈屍人荘の殺人〉シリーズ

シリーズ二作目です。結論から言うと、自分は大満足の一冊でした。正直なところ途中「んー…」と思った箇所もあったんですが、最後まで読んで納得。楽しませてもらいました。今回はネタバレなしで書こうと思います。あと、こちらは前作の『屍人荘の殺人』を読んでから手をつけましょうね。

 

 

作品紹介

その日、“魔眼の匣”を九人が訪れた。人里離れた施設の孤独な主は、予言者と恐れられる老女だ。彼女は葉村譲と剣崎比留子をはじめとする来訪者に「あと二日のうちに、この地で四人死ぬ」と告げた。外界と唯一繋がる橋が燃え落ちた後、予言が成就するがごとく一人に死が訪れ、閉じ込められた葉村たちを混乱と恐怖が襲う。さらに、客の一人である女子高生も予知能力を持つと告白し――。残り四十八時間。二人の予言に支配された匣のなかで、生き残り謎を解き明かせるか?! 二十一世紀最高の大型新人による、待望のシリーズ第2弾。(BOOKデータベース引用)

 

『屍人荘の殺人』でハードルが上がりまくっていたので、下手をすると期待に押しつぶされて二冊目は出ないのでは、と危惧していました。無事続編が出て胸を撫で下ろしています。

 

探偵役とワトソン役は前作と一緒です。二人の関係性に青春ものとしての瑞々しさを感じます。素晴らしいですね。冒頭の語り手のストーカーまがいの行動には苦笑させられましたが(笑)。

特殊な要素が入るのも前作と同様です。今回は帯やあらすじに書いてあるので、ネタバレにはならないでしょう。

未来予知の要素が大きく関わってきます。

 

ちなみに「んー…」と思った部分というのは、推理お披露目場面のことです。想像の域を出ないと言いますか……ちょっと拍子抜けしました。しかし、油断していると僕のように足元をすくわれることになるかもしれません。

 

操りの連鎖

本格ミステリでは定番の『操り』というテーマが、今作でも惜しげもなく使い倒されています。未来がわかっているからこそ成立する『操り』トリックです。

誰が誰を操っているのか、最後まで油断ならない展開が続きます。

 

ロジックの面では、前作以上に細かい物証での推理が光っており、本格ミステリファンなら読んでいて気持ちよさを覚えるはずです。状況の整理、推理の道筋がわかりやすく整理されていて読みやすい。こちらも前作と同様ミステリ初心者を視野に入れて書かれている節がありますね。

 

過去の本格ミステリ

今作は、京極夏彦の大傑作『魍魎の匣』を意識して書かれたのではないでしょうか。例の建物が出た時は、「モロだなー」と思いました。他にも共通項がありますね。

作中で言及されている通り、『そして誰もいなくなった』の要素も含みます。犠牲者が出るたびに人形が一つずつ消えていくのです。ただ何の考えもなく借り物のアイディアを使っているわけではなく、この作品ならではの独創性や意味があるところは流石です。マニアに対する単なる目配せで終わっていません。二作目にして早くも信頼感を覚えますね。

 

作者はインタビューで「あまりミステリを読んでこなかったから勉強する」というようなことを言っていました。この一年で、おそらく相当数の本格ミステリを読んだのではないでしょうか。本格のコードやパターンを、血肉にしているように見受けられます。

 

名探偵とワトソンの関係

シリーズを通してのテーマでしょう。名探偵の宿命や業が描かれています。特殊な能力を持つ者同士の哀愁が描かれているので、前作以上にテーマが際立っていたと思います。城平京の大傑作『名探偵に薔薇を』を思い起こさせますね。名探偵に薔薇を、と違うところは寄り添ってくれている存在がいることでしょう。語り手の存在が救いになっています。彼には過去を乗り越え、真の意味でのワトソン役になってほしいと願わずにはいられません。

 

 

まとめ

面白かったですよ!続編に期待大です。

シリーズ以外の作品も書いてほしいと思いました。

 

魔眼の匣の殺人

魔眼の匣の殺人

 

安定の面白さでした。

 

 

魍魎の匣(1)【電子百鬼夜行】

魍魎の匣(1)【電子百鬼夜行】

 

 説明不要の大傑作です。

 

 

名探偵に薔薇を (創元推理文庫)

名探偵に薔薇を (創元推理文庫)

 

 『虚構推理』の作家による処女作。日本ミステリー史に残る大傑作です。もっと知名度が上がってもいいでは、と思います。