思考するガム

ミステリ、漫画、時々映画の感想ブログです。自分の好きなものを中心に扱います。

わたモテ157話『モテないし謹慎するってよ』感想/黒木がいなさすぎる

www.ganganonline.com

 

わたモテ最新話です! やったー!

今回も堪能させていただきました。以下、ネタバレ全開の感想になります。

 

 

もこっち不在の学校

f:id:sikougamu:20190523152021j:plain

 

初期のわたモテでは考えられない構成の話でした。なんと、主人公であるもこっちが一度も登場しないのです。

『もこっちの成長物語から周囲の登場人物に関する物語に』『遠足回から青春群青劇路線に』と過去の記事で私見を述べさせて頂きましたが、今回それがわかりやすい形で現れているんじゃないでしょうか。

 

上記について書いた記事です。

www.sikougamu.com

www.sikougamu.com

 

登場人物たちの揺れる心理

もこっち不在によって学校はざわめきます。様々なグループに関与してきた我らがもこっちですから動揺が走るのも当然かもしれません。

何人かは明らかに重症な様子…。

 

ゆりちゃんとネモ

f:id:sikougamu:20190523152205j:plain

 

ゆりちゃんは今回もこっちのことが気になって仕方ないウーマンとなっています。いや、以前からそうなんですけどね…。

この回で良かったと思った点の1つに、ゆりちゃんの行動が挙げられます。

打ち上げ回以降、心を閉じがちだったゆりちゃん。ですが、もこっちの謹慎により寂しい思いを抱えている他者と自ら交流をはかるのです。雫ちゃんに声を掛けたのは大進歩と言えるでしょう。以前は存在を無視していましたからね。

ネモにも素直な気持ちを口にします。

もこっち不在による思わぬ副産物ではないでしょうか。

もこっちを心の支えにしているようですが、ゆりちゃんは他者に依存しない自立した人間として、もこっちの横に立てるようになれればいいなと個人的には思います。1番近い他者であるネモの存在は、ゆりちゃんにとって、とても重要な意味を持ってくるのではないでしょうか。

 

f:id:sikougamu:20190523152318j:plain

 

一方ネモの方は、もこっちの謹慎をそこまで大事とは捉えていません。「クロは凄い!憧れる!」と無邪気にはしゃいでいます。アニメの世界に憧れているネモにとっては、非現実的で愉快なイベントに思えるのかもしれません。もちろん、退学だったら大慌てでしょうが。

 

2人の対照的な考え方が面白いですね。

とはいえラストでは共通項であるもこっちを通し、2人の考えが重なるシーンが描かれています。

影の使い方や描写が巧みなので、ぜひ確認してみてください。

 

うっちー

f:id:sikougamu:20190523152419j:plain

 

凄い日本語が目に飛び込んできました。うっちーにとって最早もこっちは酸素のようなものなのかもしれません。

「黒木ー!!」と友達の前で感情を爆発させます。いやぁ、吹っ切れてますねぇ。そんな暴走機関車うっちーを、友達は困惑しつつも受け入れています。いい関係性ですね。あと関係ないですが、かよちゃんラブリーですね。ほんとすこ。もっと出してほしいです。

 

幼馴染組

f:id:sikougamu:20190523152525j:plain

 

中学が一緒だった二人は動じません。

…これが幼馴染パワーか!?

もこっちのことを完璧に理解しています。やはり付き合いが長いからでしょう。本妻と親友の風格があります。彼女たちとは大学が違くなろうと、関係性は続いていくだろうなという安心感がありますね。

 

加藤さんと佐々木さん

f:id:sikougamu:20190523152700j:plain

 

こ、怖い……。

加藤さんを怖いと感じた瞬間は何度かありますが、今回一番怖かったかもしれません。不機嫌オーラ全開です。不機嫌モードの加藤さんには慣れているのか、隣の夏帆ちゃんは黙々とご飯を食べているように見えます。

なぜ、こうまで不機嫌なのか。

「黒木さんの進学に影響するかもしれない」と考えているからか、

「黒木さんがバイクで下校したなんてショック!」と考えているからか、

「私の胸を揉まず、吉田さんと一緒にツーリングしていたなんて!」と怒っているからなのか。

本心がなかなか見えません。今まで聖女としての面ばかりが強調されてきましたが、最近は歪みが垣間見えます。気になるキャラクターです。

 

そんな不機嫌オーラ全開の加藤さんに挑むのは、佐々木風夏ちゃん。

しかし、

 

f:id:sikougamu:20190523152732j:plain

 

完敗です。くっ殺せ、とか言い出しそう。

果たして佐々木さんはおっぱいの秘密を解き明かすことができるのか。彼女の中で謎は膨らむばかりでしょう。シュレーディンガーのおっぱいですね(これが言いたかっただけ)。

不憫ですねぇ…。凛々しいキャラクターだから余計にそう感じてしまいます。相変わらず、キャラクターのギャップを生み出すのが巧みです。

 

まとめ

もこっち不在という状況を作り出し、他のキャラクターを上手く掘り下げられていると思います。それだけでなく、やはり物語はもこっちを中心に動いているんだな、と改めて感じさせてくれた回でした。もこっちは多くの人間にとって「なくてはならない存在」に成長したのでしょう。感慨深いです。

サブタイトルは『桐島部活やめるってよ』のパロですね。わたモテと桐島には多くの共通項があるので、わたモテ好きはぜひ桐島の方もチャックしてみてはいかがでしょうか。

 後、まこっちとキバ子については色々と書きたいことがあるので、後日、別の記事にまとめようと思います。

 

今回の個人的ベストシーンは『不機嫌な加藤さん』、個人的ベスト台詞は『黒木がいなさすぎる』でした。

次回はもこっちと吉田さんの話になるのではないか、と思います。今から楽しみですね!

 

 

 

桐島、部活やめるってよ (集英社文庫)

桐島、部活やめるってよ (集英社文庫)

 

 

桐島、部活やめるってよ
 

わたモテ好きにはオススメです。 

 

私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い! 15巻 (デジタル版ガンガンコミックスONLINE)

私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い! 15巻 (デジタル版ガンガンコミックスONLINE)

 

 最新刊です