思考するガム

ミステリ、漫画、時々映画の感想ブログです。自分の好きなものを中心に扱います。

おすすめミステリー映画5選

ミステリー映画は良いですよねぇ。騙されたときの爽快感、そうだったのかと腑に落ちた時の感動。映像作品ならではの、ミステリ小説とは違った楽しみがあると僕は考えています。

 

今回は僕のお気に入りミステリー映画を簡単に紹介していこうと思います。ネタバレはしないようにするのでご安心を。

 

 

 

ゴーンガール

ゴーン・ガール [AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]

ゴーン・ガール [AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]

 

 ニック(ベン・アフレック)とエイミー(ロザムンド・パイク)は誰もがうらやむ夫婦のはずだったが、結婚5周年の記念日に突然エイミーが行方をくらましてしまう。警察に嫌疑を掛けられ、日々続報を流すため取材を続けるメディアによって、ニックが話す幸せに満ちあふれた結婚生活にほころびが生じていく。うそをつき理解不能な行動を続けるニックに、次第に世間はエイミー殺害疑惑の目を向け……。(シネマトゥディ引用)

 

あなたは愛する人のことを本当に知っていますか? 

デヴィッド・フィンチャーの私的最高傑作です

フィンチャーのミステリー映画なら『セブン』じゃないの? と思われるかもしれませんが、僕は断然こちら派です。

ミステリーとしても面白いのですが、中盤の種明かし以降の黒い展開の数々には笑いを禁じえません。

しかしこの映画、笑っていると終盤のある場面で、ゾッとさせられます。ワイドショーを眺めている感覚でいた視聴者に対して突然切っ先を向けてくるのです。

フィンチャーの黒さが詰まった作品でした。

 

メメント

メメント [Blu-ray]

メメント [Blu-ray]

 

ロサンジェルスで保険の調査員をしていたレナード。ある日、何者かが家に侵入し、妻がレイプされたうえ殺害されてしまう。その光景を目撃してしまったレナードはショックで前向性健忘となってしまう。彼は記憶を消さないためポラロイドにメモを書き、体にタトゥーを刻みながら犯人の手掛かりを追っていく……。(allcinema ONLINE引用)

 

 

誰がレナードの妻を殺したのか

 「10分前、俺は何をしていた…」

10分しか記憶を保てなくなってしまった男が、妻をレイプして殺した犯人を捜し出そうとする話です。

時系列がシャッフルされて初見はやや混乱するかもしれませんが、頭を使って観ていけば、オチを理解できないということは無いでしょう。

この作品の時系列がシャッフルされている理由は、レナードの主観の疑似体験させるためであり、ミスリードを仕掛けるためでもあります。

誰がレナードの妻を殺したのか。考えて観ることをお勧めします。

 

 

12人の怒れる男

十二人の怒れる男 [AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]

十二人の怒れる男 [AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]

 

 17歳の少年が起こした殺人事件に関する陪審員の討論が始まったが、誰が見ても有罪と思えたその状況下で、ひとりの陪審員が無罪を主張した事から物語は動き始める……。(allcinema ONLINE引用) 

 

密室劇の金字塔です

映画好きには定番の大傑作。

有罪としか思えない事件の陪審で、たった一人の男が無罪に票を入れたことから陪審員たちの人生観が揺さぶられる密室劇へと変貌していくのです。

小さな矛盾の発見から波紋が広がっていく流れなど、ミステリ好きには堪らないものがありますね。とにかく観てくださいとしか言えません。

 

SAW

【おトク値! 】ソウ(Blu-ray)

【おトク値! 】ソウ(Blu-ray)

 

老朽化したバスルームで目覚めた2人の男、ゴードン(ケアリー・エルウェズ)とアダム(リー・ワネル)。足には鎖、2人の間には自殺死体。部屋にはいくつかアイテムがあり、その中から2人は自分たちがおかれている状況を把握しようとするが……。(シネマトゥデイ引用)

 

グロイだけではないのです

大出世を果たしたジェームズ・ワン監督の処女作であり、世界中に大量のフォロアーを生み出した作品です。これ以降、映画、漫画、小説、ゲームでデスゲームものが大流行するようになりました。今ではやや食傷気味に感じられますが、やはり流行りを生み出した作品だけあり、めちゃくちゃ面白いです。

毎回観ている人間を騙すトリックを仕込んでくれるので、ミステリ好きとしても堪りません。

グロテスクな描写が多いですが、それさえもある意味、観ている人間を騙す小道具のように扱われている気がします。初期の作品は特にそうです。ツッコミどころもありますが、もはやそんなことはどうでもいいと感じさせてくれるほどの勢いと楽しさのあるシリーズです。

グロ耐性があり、驚きたいという方にはおすすめです。

 

閉ざされた森

閉ざされた森 (字幕版)

閉ざされた森 (字幕版)

 

ある夜、訓練中のレンジャー隊7名が、嵐の密林地帯で消息を絶つ。17時間後、3名の生存者が発見されるものの、彼らは味方同士で撃ち合っていた。そして、一人が捜索隊の目の前で殺される。結局、重傷者を含む2名が救助され、いまなお隊長のウエストを含む4名が行方不明のまま。間もなく、ジュリー・オズボーン大尉が調査を開始するが、救助された兵士は彼女の尋問に黙秘を続けた。そこで、オズボーンの上官スタイルズ大佐は、かつてウエストに訓練を受けていた元レンジャー隊員で尋問術に長けた麻薬捜査官トム・ハーディを呼び寄せる。(allcinema ONLINE 引用)

 

衝撃と脱力のラスト

プレデターやダイ・ハードで知られるジョン・マクティアナン監督の作品です。

ミステリでいうところの奇妙な味に分類できると思います。

2人の人間が生き残り、2人がまったく違った証言をする。次々と翻されていく証言、錯綜する情報、笑っちゃう何とも言えないオチ。

正直気になる部分も多い映画ですが、肩の力を抜いて楽しみましょう。オチは必見ですので。

 

まとめ

定番のものばかりになった感もありますが、好きなものは好きなのだから仕方ないですね。映画ファンだけどまだ観ていない。そういうものがありましたら、ぜひご覧ください。映画をあまり観ないという人にもオススメです。