思考するガム

ミステリ、漫画、時々映画の感想ブログです。自分の好きなものを中心に扱います。

『わたモテ』の魅力について考える/伝説となった打ち上げ回でのもこっちの成長と田村ゆりちゃん

 

sikougamu.hatenablog.com

こちらは前回の記事です。

 

喪120『モテないし打ち上げる』とは

『私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!』を一躍神コンテンツに押し上げた伝説の回です。初見のときは感動のあまり言葉を失いました。

衝撃を受けたのは僕だけでなく、この回が更新されると、一部ネットでは祭りのような騒ぎになりました。2ch、4ch、Twitter、ふたば、したらばは大盛り上がり。

当然です。だってスゲー胸を打つんですもの。

 

www.ganganonline.com

 

 

 

 

喪120『モテないし打ち上げる』における、もこっちの成長

 

f:id:sikougamu:20190516155642j:plain

 

もこっちは修学旅行で仲間を得てから、着実に成長してきました。この回ではその成長が一定の水準を満たしたことが示されます。

二年最後の打ち上げ。もこっちは修学旅行組とテーブルを囲みます。最初は身内で固まっていたので問題なかったのですが、途中で席替えイベントが発生(個人的に飲み会の席替えは嫌いです。テーブル移りたくない…面倒くさいんじゃい!)。仲間と離ればなれになってしまいます。

しかも隣はスクールカースト上位っぽい二人。もこっちは良いところを見せようと頑張りますが、奇声を上げてしまい笑われてしまいます。そのうえ、「ち〇この画像見てなかった?あれなんなの?」と訊かれてしまい万事休すに……。しかし、

 

f:id:sikougamu:20190516155937j:plain



f:id:sikougamu:20190516160100j:plain

 

リカバリーが早い。もこっちは親友を生贄に捧げることで追及をかわします。

これも表面的には笑える場面ですが、初期のもこっちを知っている我々読者からすれば、「もこっち、成長したなぁ…」と感動できる場面です。ちょっとゲスさは残っていますが、それでいいのです。すべてを変える必要はないでしょう。もこっちはもこっちらしさを残して成長していけばいいのです。

 この成長部分だけで素晴らしい回だと言えますが、しかしこの回にはもう一つ重要な要素が含まれていました。

 

喪120『モテないし打ち上げる』における、田村ゆりちゃん

 

f:id:sikougamu:20190516160426j:plain

 

修学旅行組では、良識人的立ち位置をキープしていた田村ゆりちゃん。 あまり友達は多くなく、閉じた性格をしていますが、それなりに他者とコミュニケーションを取れていました。そう、この回以前までは…。

もこっちや吉田さんを打ち上げに誘ったのはゆりちゃんです。

そのゆりちゃんが、席替え以降は誰とも口を利くことなく、クラスメイトとコミュニケーションを取れているもこっちや吉田さんのことを空虚な瞳で見つめます。心中を考えると胸が痛みますね。ゆりちゃんはもともと、もこっちのことを「変人で友達のいない人」と認識していたでしょう。自分が引っ張ってあげなきゃ、と考えていたかもしれません。その証拠に、率先して声を掛けていました。

それなのに、この回以降立場が反転してしまうのです。

 

救いのあるラスト

ゆりちゃんは二次会には参加せず一人で帰ろうとします。

そこにまこっち、吉田さん、もこっちが合流するのです。

ゆりちゃんの最後の言葉には心を揺さぶられました。何度見ても心が温まります。

 

『わたモテ』の転換期

わたモテは「二年の修学旅行」以降変わったと言われています。確かにその通りだと思います。しかし、真の意味での転換期は『モテないし打ち上げる』からではないでしょうか。

この回で、もこっちの成長はある段階まで達してしまいました。そうなると当然話を展開させづらくなってしまいます。もこっちのやらかしを軸に話を作っていたわけですから当然ですね。

ニコ先生がどこまで計算して話を構築しているのかわかりませんが、非常に上手いと思うのは、ここで田村ゆりちゃんをクローズアップした点です。

ゆりちゃんの心の面を描くことで、もこっちの成長物語から、ゆりちゃんの心の問題に物語をシフトしてみせたのです。

この回以降、ゆりちゃんは準主人公的立ち位置を獲得します。当然ですね。もこっちの成長物語は一区切りついたわけですから。他に物語の推進力を作らなければなりません。

 

まとめ

『モテないし打ち上げる』以降、わたモテはもこっちの成長物語から、周囲のキャラクターに関する物語に変化したと僕は考えています。もちろん話の中心にはもこっちがいますが、もこっちはあたえられる側からあたえる側に成長しました。ですから、話が周囲のキャラクターの事柄に拡散していくのは必然と言えるでしょう。そして、最も大きな問題を抱えていそうな田村ゆりちゃんがクローズアップされるのも必然だと思います。

 

次回はわたモテにおける「語らないテクニック」について考えたいと思います。

 

 

 

sikougamu.hatenablog.com

次の記事です

 

 

私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!(12) (ガンガンコミックスONLINE)

私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!(12) (ガンガンコミックスONLINE)

 

 喪120『モテないし打ち上げる』が収録されています。