思考するガム

ミステリ、漫画、時々映画の感想ブログです。自分の好きなものを中心に扱います。

西澤保彦

『殺意の集う夜』西澤保彦/紹介と感想 うっかりな殺人犯の推理の迷宮

「やべぇ、館に居合わせた人達、ほぼ全員殺しちゃったよ…そうだ!唯一私が殺してなかった友人を殺した奴に全ての罪を被せればいいんだ!」 ??? !! なるほど、これはバカミ…怪作ですね。さまざまな特殊設定ミステリを作り上げた作者らしいヘンテコな本格…

『七回死んだ男』西澤保彦/紹介と感想 ループ系本格ミステリの傑作

後続の作家たちに多大な影響をあたえたループ系SFミステリの傑作です。 特殊な設定を導入した本格ミステリ作品は、いまでこそ珍しくないですが、この作品がなければ誕生しなかった作品は多いのではないでしょうか。 ネタバレなしの紹介と感想になります。