思考するガム

ミステリ、漫画、時々映画の感想ブログです。自分の好きなものを中心に扱います。

法月倫太郎

『頼子のために』法月倫太郎/紹介と感想 ある家族の悲劇

法月綸太郎初期の代表作です。 ハードボイルド的なプロットと本格ミステリ的な謎解きが絶妙に混ざり合っています。傑作でした。ネタバレなしの紹介と感想になります。

『法月綸太郎の冒険』法月綸太郎/紹介と感想 マニア心くすぐる短編集

恥ずかしながら法月倫太郎先生の初期作品は未読のものが多いです。 最近読んだ第一短編集の紹介と感想になります。ネタバレはないのでご安心を。