思考するガム

ミステリ、漫画、時々映画の感想ブログです。自分の好きなものを中心に扱います。

2019-05-18から1日間の記事一覧

『アリス殺し』小林泰三/紹介と感想 悪夢と奇想の不条理世界  文庫化

傑作です。小林泰三作品はグロテスクだったり過剰に理屈っぽいキャラクターが登場したりと癖の強いことで有名ですが、今作はミステリ好きであれば、そこそこハマる人は多いんじゃないでしょうか。 二転三転四転と意外な展開で驚かしてくれるので、ミステリ初…