思考するガム

ミステリ、漫画、時々映画の感想ブログです。自分の好きなものを中心に扱います。

『プリズム』貫井徳郎/紹介と感想 事件という名の万華鏡を覗く

ある一点で評価はわかれそうですが、個人的には今まで読んできた貫井のベストです。傑作と言っていいでしょう。細かいミステリ的な部分には言及しませんが、物語の構造には触れるので、知識を入れたくない方は記事に目を通さない方がいいでしょう。

『シャドウ』道尾秀介/紹介と感想 見事な騙し絵

道尾作品を読むのは5冊目。良作だとは思うのですが、本作を読んで自分は「道尾作品の良い読者ではない」と確信してしまいました。これについて後述します。あくまで個人的な好みの問題であり作品の良し悪しとは関係ないので、そこのところは強調しておきます…

『カイジファイナルゲーム』感想/悪魔的に破綻したシナリオ(ギャンブル)

(この映画が好きな人は100%不快になると思うので読まない方がいいです)

『密室蒐集家』大山誠一郎/紹介と感想 ハズレなしの傑作短編集

傑作。「本格ミステリ」「密室」というワードに反応してしまう人であれば必読でしょう。短編集で密室縛りなのにハズレなしという、ちょっとあり得ないクオリティの作品です。ネタバレは控えます。

反省とわたモテとこれから

色々と思うところがあり、ブログの更新をサボりがちでした。全体的に言い訳がましい駄文が続くので興味ない方はスルー推奨です。

『虚構推理』城平京/紹介と感想 本格の可能性を大きく広げた破格のミステリ

本格ミステリ大賞受賞作。漫画版はベストセラーとなり、現在アニメが絶賛放送中です。相当な問題作/クセ玉ながら、本格マニアであれば楽しめる作品でしょう。キャラクター小説としても楽しいです。 ミステリ部分のネタバレはしませんが、構造には触れるので…

『屍人荘の殺人(映画)』紹介と感想/突っ込みどころの多さに脱力

(※この映画が好きな人は高確率で不快になると思うので読まない方がいいです) 製作陣のメンツと予告編の映像を確認した時点でスルー安定な作品ながら、友人の「観に行かね?」という軽いノリに誘われて劇場に足を運びました。開幕数分で貧乏ゆすりが止まら…